真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ わたく詩

・ トップページに戻る

1.代悲白頭翁

洛陽城東桃李花 (洛陽城東 桃李の花)
飛来飛去落誰家 (飛び来たり飛び去って 誰が家に落つ)
洛陽女児惜顔色 (洛陽の女児 顔色を惜しむ)
行逢落花長嘆息 (行く落花に逢うて 長く嘆息す)
今年花落顔色改 (今年花落ちて 顔色改まり)
明年花開復誰在 (明年花開いて 復た誰かある)
已見松柏摧為薪 (已に見る 松柏の摧かれて薪となるを)
更聞桑田変成海 (更に聞く 桑田の変じて海となるを)
古人無復洛城東 (古人 復た洛城の東に無く)
今人還対落花風 (今人 還た落花の風に対す)
年々歳々花相似 (年々歳々 花あい似たり)
歳々年々人不同 (歳々年々 人同じからず)
寄言全盛紅顔子 (言を寄す 全盛の紅顔子)
応憐半死白頭翁 (応に憐れむべし 半死の白頭翁)
此翁白頭真可憐 (この翁の白頭 真に憐れむべし)
伊昔紅顔美少年 (これ昔 紅顔の美少年)
公子王孫芳樹下 (公子王孫 芳樹の下)
清歌妙舞落花前 (清歌妙舞 落花の前)
光禄池台開錦繍 (光禄の池台 錦繍を開き)
将軍楼閣画神仙 (将軍の楼閣 神仙を画く)
一朝臥病無相識 (一朝 病に臥して相識無く)
三春行楽在誰辺 (三春の行楽 誰が辺にかある)
宛転蛾眉能幾時 (宛転たる蛾眉 能く幾時ぞ)
須臾鶴髪乱如糸 (須臾にして鶴髪 乱れて糸の如し)
但看古来歌舞地 (但だ看る 古来の歌舞の地)
惟有黄昏鳥雀悲 (惟だ黄昏 鳥雀の悲しむあるのみ)

劉 希夷「代悲白頭翁」

・ 目次へ戻る

・ わたく詩TOPへ戻る

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。