真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 最澄 『山家学生式』(現代語訳)

現代語訳を表示
解題 ・凡例 |  1 |  2 |  3 |  原文 | 訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・最初の項へ戻る →

・ トップページに戻る

1.原文

山家学生式

天台法華宗年分学生式一首

国宝とは何でありましょうか。宝とは道心であります。道心ある人をこそ、国宝というのであります。故に(支那の)古人は言ったものです、「(戦車の前後を明らかに照らしだす)径寸〈直径3cmの大きな宝玉〉十個があったとしても、それは国宝ではない。千里を照らす一隅を守る者、これがすなわち国宝なのである」と。また、古の哲人はこのようにも言っています、「よく語ることが出来ても、よく行うことが出来ない者は、国師である。よく行うことは出来ても、語ることが出来ない者は、国用である。よく行なってよく語り得る者は、国宝である。これら三種三様の人があるが、しかし、ただ語ることも行うことも出来ないような者は、国賊である」と。

すなわち、道心ある仏教者をして、西(の印度)では菩薩と称し、東(の支那)では君子と号すのです。悪しき事柄は自らに向かわし、好ましき事柄を他者にあたえ、己を忘れて他を利することは、慈悲の極みというものです。

釈尊の教えにおいて、出家修行者には二類の別があります。一つは小乗の類、二つには大乗の類です。そこで、この(忘己利他の)人こそ、この(大乗の)類であります。

今、我が東州〈日本〉には、ただ小像〈小乗に類した教え〉のみがあって、いまだ大類〈真の大乗の宗〉がありません。大道がいまだ広まらないでいるならば、大人が現れることは難しいでしょう。誠に願わくば、先帝〈桓武天皇〉の御願でもあった天台宗の年分度者をもって、以降は大類の僧として、「菩薩僧」とされんことを。そうすれば、枳王の夢に現れた(十匹の)猿のうち九匹はまたたくまに追いやられ、文殊菩薩の(羊乗行・象乗行・月日神通乗行・声聞神通乗行・如来神通乗行)という五つの籠のうち、(菩薩乗であって無上正等正覚を得ることが定まっている)後の三つは、その数を(この国において)いよいよ増すことになるでしょう。

この(私の)心、この(最澄の)願いは、(尽きること無い)海の水を汲み出しつづけるかのようなものであって、今の世を利し、後の世を利して、劫を歴たとしても極まることが無いものです。

年分度者二人柏原先帝は、新たに天台法華宗の伝法者を加えられたのである

(第一条)
法華宗天台の年分度者は、弘仁九年より永く後世のために、これを大乗の類とする。その本籍の名を除かずに、仏子としての名前をあたえ、圓の十善戒を授けて、(まずは)菩薩沙弥とする。その度縁には、(太政官の)官印を請うこと。

(第二条)
大乗の類とは、すなわち得度の年に、仏子戒を授けて菩薩僧とし、その戒牒には官印を請うこと。大戒を受け終わったならば、比叡山に住させ、十二年間、山門から出させること無く、(顕教と密教との)両業を修学させる。

(第三条)
止観業は、年々毎日、『法華経』・『金光明最勝王経』・『仁王般若経』・『守護国界経』など、諸々の大乗経典など護国の諸経典を長転・長講させる。

(第四条)
遮那業は、歳歳毎日、大毘盧遮那佛(大日如来)・孔雀明王・不空成就・一字金輪仏頂など、護国の真言を長く念誦させる。

(第五条)
両業の学生は、十二年間、その修行と修学する内容について、(年分度者として止観業か遮那業かいずれかの)業にしがたって任用させる。よく行い、よく語り得る者は、常に比叡山中に住み、衆僧の上首として、国宝とする。よく語って行うことが出来ない者は、国師となし、よく行うけれども語ることの出来ない者は、国用[こくゆう]とする。

(第六条)
国師・国用は、太政官符の旨に従って、伝法師および国講師に任ずること。その国講師は、一任のうち、(国から支給される)毎年の安居における袈裟代としての布施は、ただちに当国の官舎に収納する。国司・郡司は、(それを)相対して管理・監督し、国中の池を修し、溝を修し、荒れた地を耕し、崩れた地を理め、橋を造り、船を造り、樹を殖え、紵[お]を殖え、麻を蒔き、草を蒔き、井戸を穿ち、水を引き、国を利し、人を利するために用いなければならない。(国講師は)経典を講じて心を修め、農業・商業に関わってはならない。そのようにすれば、道心の人は、天下世間に絶えること無く、君子の道は永代に絶えることはない。

右の六条式は慈悲門によるものであり、(これに基いたならば)衆生をおおいに導き、仏法をして世に久しく留め、国家は永く確固たるものとなって、仏教の命脈が尽きることは無いでありましょう。慺慺の至りに任えず。圓宗〈天台宗〉の式を奉り、謹んで天皇のご裁断を請いたてまつる。謹しんで申し上げます。

弘仁九年(818)五月十三日
前入唐求法沙門最澄上

勧奨天台宗年分学生式

(第一条)
天台宗で得業しようとする学生[がくしょう]の数を十二人と定めるのは、六年を一期とする。一年で二人の欠員が出たならば、ただちに二人を補わなければならない。その(補欠候補としての)得業生を試験するには、天台宗の学衆が皆共に学堂に集まって、『法華経』と『金光明経』との二部の経典を読ませて訓じられるかを試し、もしその者が次第点を得たならば詳細にその籍名を記して、試業の日に役所に申し送る。もし六年で業を成じたならば、試業の例に預ける。もし業を成じなかったならば、試業の例に預れない。もし途中脱落があったならば、詳細にその中退者の名と補欠者の名を記して、役所に申し伝えること。

(第二条)
得業の学生などの衣食は、各々私物を用いること。もし心才如法にして骨法成就していたとしても、ただ衣食が具わらない者があれば、この院の書状を与え、布施を諸方に乞いて(得た物を)その者に与えること。

(第三条)
得業の学生で、心性が法に違い、諸々の規制に従わない者があれば、役所に申し送って、式に従って取り替えること。

(第四条)
この宗の得業者は、得度の年に大戒を受けさせる。大戒を受けたならば、十二年間、山門を出ずに勤めて修学させること。初めの六年間は聞慧を正とし、思慧・修慧とを傍とする。一日の中、二分は内学、一分は外学とし、長講を行とし、法施を業とする。後の六年間は思慧・修慧とを正とし、聞慧を傍とする。止観業には具さに四種三昧を修習させ、遮那業には具さに三部の念誦を修習させる。

(第五条)
比叡山の一乗止観院にて、天台宗学生等の年分度者とそれを志す者らは、本寺の名帳から除かない。すなわち近江の食有る諸寺に入れて、供料を送らせる。ただ冬夏の法服は、大乗の法に依って布施を諸方に請い、はかない身体にまとわせて、(止観・遮那いずれかの)業から脱落させないように。今より以降、これを固く常例とする。草菴を房とし、竹葉を座とし、(己の)命を軽んじて仏法を重んじ、令法久住して、国家を守護するのである。

(第六条)
他宗の年分度者など、すでに得度受具している者で、自ら進んで十二年間比叡山に住み、(止観業と遮那業との)両業を修学しようと欲する者があれば、詳細に本寺ならびに(その者の)師主の名を記し、確かに山院の書類を得てから、かならず官司に保管すること。確かに十二年を経たならば、この宗の年分度者に準じて、法師位を与えること。もし(当該者が)式法に違えることがあれば、本寺に退却させよ。

(第七条)
住山の学生で、固く十二年の間、制式に従って修学したならば、大法師位を慰賜したまえ。もしその業を備えなかったといえど、固く山室を出ずに十二年を経たならば、法師位を慰賜したまえ。もしこの宗の者であって、宗式に順ぜず、山院に住まわず、あるいは山に住みはしたものの、しばしば衆法を乱し、年数も足らない者があれば、永久に官司に登録している天台宗の名を除き、本寺に退却させよ。

(第八条)
この天台宗では院・俗別当との両人を指名し、当番制にして検校を加え、かねて盜賊・酒・女等を禁じ、仏法を守り伝えて、国家を守護する。

以上の八条式は、仏法を守り伝えるためのもので、国家を利益し、衆生を導き、後生を善にすすめることを目的とするものです。謹んで朝廷の御決済を請うものであります。謹んで申し上げます。

弘仁九年(818)八月二十七日
前入唐求法沙門最澄上

天台法華宗年分度者回小向大式
合肆條

凡佛寺有三一者一向大乘寺 初修業菩薩僧所住寺二者一向小乘寺 一向小乘律師所住寺三者大小兼行寺 久修業菩薩僧所住寺今天台法華宗。年分學生。並回心向大初修業者。一十二年。令住深山四種三昧院。得業以後。利他之故。假受小律儀。許假住兼行寺

凡佛寺上座。置大小二座一者一向大乘寺 置文殊師利菩薩。以爲上座二者一向小乘寺 置賓頭盧和尚。以爲上座三者大小兼行寺置文殊與賓頭盧兩上座。小乘布薩日。賓頭盧爲上座。坐小乘次第。大乘布薩日。文殊爲上座。坐大乘次第。此次第坐。此間未行也

凡佛戒有二一者大乘大僧戒 制十重四十八輕戒。以爲大僧戒二者小乘大僧戒 制二百五十等戒。以爲大僧戒

凡佛受戒有二一者大乘戒 依普賢經。請三師證等請釋迦牟尼佛。爲菩薩戒和上請文殊師利菩薩。爲菩薩戒羯磨阿闍梨請彌勒菩薩。爲菩薩戒教授阿闍梨請十方一切諸佛。爲菩薩戒證師請十方一切諸菩薩。爲同學等侶請現前一傳戒師。以爲現前師。若無傳戒師。千里内請。若千里内無能授戒者。至心懺悔。必得好相。於佛像前。自誓受戒今天台年分學生。并回心向大初修業者。授所説大乘戒。將爲大僧二者小乘戒依小乘律。師請現前十師白四羯磨。請清淨持律大徳十人。爲三師七證。若闕一人不得戒 今天台年分學生。并回心向大初修業者。不許受此戒。除其久修業

竊以。菩薩國寶。載法華經。大乘利他。摩訶衍説。彌天七難。非大乘經。何以爲除。未然大災。非菩薩僧。豈得冥滅。利他之徳。大悲之力。諸佛所稱。人天歡喜。仁王經百僧。必假般若力。請雨經八徳。亦屈大乘戒。國寶國利。非菩薩誰。佛道稱菩薩。俗道號君子。

其戒廣大。眞俗一貫。故法華經。列二種菩薩。文殊師利菩薩。彌勒菩薩等。皆出家菩薩。跋陀婆羅等五百菩薩。皆是在家菩薩。法華經中。具列二種人。以爲一類衆。不入比丘類。以爲其大類。

今此菩薩類。此間未顯傳。伏乞 陛下。自維弘仁年。新建此大道。傳流大乘戒。利益而今而後。固鏤大鐘腹。遠傳塵劫後。仍奉宗式。謹請天裁。謹言

弘仁十年三月十五日
前入唐天台法華宗沙門最澄上

← 前の項を見る・最初の項へ戻る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

現代語訳を表示
解題 ・凡例 |  1 |  2 |  3 |  原文 | 訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。