真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 最澄 『山家学生式』(訓読文)

訓読文を表示
解題 ・凡例 |  1 |  2 |  3 |  原文 | 訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

山家学生式

天台法華宗年分学生式一首

国宝とは何者ぞ。宝とは道心なり。道心有るの人を、名づけて国宝と為す。故に古人の言く、径寸十枚、是れ国宝に非ず。一隅を照らす、此れ則ち国宝なりと。古哲又云く、能く言ひて能く行うこと能はざるは、国の師なり。能く行ひて能く言ふこと能はざるは、国の用なり。能く行ひ能く言ふは、国の宝なり。三品の内、唯だ言ふこと能はず行ふこと能わざるを、国の賊と為す、と。乃ち道心有るの佛子を、西には菩薩と称し、東には君子と号す。悪事は己れに向へ、好事を他に与へ、己れを忘れて他を利するは、慈悲の極みなり。釈教の中、出家に二類あり。一つには小乗の類、二つには大乗の類なり。即ち此れ斯の類なり。今我が東州には、但小像のみ有りて、未だ大類有らず。大道未だ弘まらざれば、大人興り難し。誠に願はくば先帝の御願、天台年分、長く大類と為し、菩薩僧と為んことを。然らば則ち枳王の夢猴、九位列り落ち、覚母の五駕、後の三数を増さん。斯の心斯の願、海を汲むことを忘れず。今を利し後を利して、劫を歴れども窮り無けん。

年分度者二人柏原先帝、新たに天台法華宗の傳法者を加ふ

(第一条)
凡そ法華宗天台の年分、弘仁九年より、永く後際を期して、以て大乗の類と為す。其の籍名を除かずして、佛子の号を賜加し、圓の十善戒を授けて、菩薩沙彌と為さん。其の度縁には官印を請はん。

(第二条)
凡そ大乗の類といっぱ、即ち得度の年、佛子戒を授けて菩薩僧と為し、其の戒牒には官印を請はん。大戒を受け已らば、叡山に住せしめ、一十二年、山門を出ずして、両業を修学せしめん。

(第三条)
凡そ止観業といっぱ、年年毎日、法華、金光、仁王、守護、諸大乗等、護国の衆経を長転長講せしめん。

(第四条)
凡そ遮那業といっぱ、歳歳毎日、遮那、孔雀、不空、佛頂、諸真言等、護国の真言を長念せしめん。

(第五条)
凡そ両業の学生は、一十二年、所修所学、業に隨ひて任用せん。能く行ひ能く言ふは、常に山中に住して、衆の首と為し、国の宝と為す。能く言ひて行ふこと能はざるは、国の師と為し、能く行ひて言ふこと能わざるは、国の用と為す。

(第六条)
凡そ国師・国用、官符の旨に依りて、伝法及び国講師に差任ぜよ。其の国講師は、一任の内、毎年安居の法服施料は、即便ち当国の官舍に収納し、国司・郡司は、相対して検校し、將に国裏の、池を修し溝を修し、荒れたるを耕し崩れたるを理め、橋を造り船を造り、樹を殖へ●[艹+紵]を殖へ、麻を蒔き草を蒔き、井を穿ち水を引き、国を利し人を利するに用んとすべし。経を講じ心を修めて、農商を用いざれ。然れば則ち、道心の人、天下相続し、君子の道、永代に断へざらん。

右六条式は、慈悲門に依りて、有情を大に導き、佛法世に久しく、国家永く固ふして、佛種断ざらん。慺慺の至りに任へず。圓宗の式を奉り、謹んで天裁を請ひたてまつる。謹しんで言す。

弘仁九年五月十三日
前入唐求法沙門最澄上

勧奨天台宗年分学生式

(第一条)
凡そ天台宗の得業の學生の数、一十二人と定むるは、六年を期と為す。一年に二人闕くれば、即ち二人補ふべし。其の得業生を試むるならば、天台宗の学衆、倶に学堂に集会し、法華、金光明二部の経訓を試み、若し其の第を得ば、具さに籍名を注し、試業の日、官に申し送らん。若し六年、業を成ずるは、試業の例に預る。若し業を成ぜざれば、試業の例に預らず。若し退闕有らば、具に退者の名并びに應補者の名を注して、官に申し替へよ。

(第二条)
凡そ得業の学生等の衣食は、各私物を須ひよ。若し心才如法にして、骨法成就すれども、但だ衣食具らずんば、此院の状を施し、檀を九方に行じて、其の人に充て行へ。

(第三条)
凡そ得業の学生、心性法に違し、衆制に順わずんば、官に申し送り、式に依て取り替へよ。

(第四条)
凡そ此の宗の得業者、得度の年、即ち大戒を受けしむ。大戒を受け竟らば、一十二年、山門を出ずして、勤めて修学せしめよ。初めの六年は聞慧を正と為し、思修を傍と為す。一日の中、二分は内学、一分は外学、長講を行と為し、法施を業と為す。後の六年は思修を正と為し、聞慧を傍と為す。止觀業には、具さに四種三昧を修習せしめ、遮那業には、具さに三部の念誦を修習せしめん。

(第五条)
凡そ比叡山、一乗止観院、天台宗学生等の年分、并びに自ら進む者は、本寺の名帳を除かず。便ち近江の食有る諸寺に入れ、供料を送らしむ。但だ冬夏の法服は、大乗の法に依り、檀を諸方に行じ、有待の身を蔽ひて、業をして退せざらしむ。而今而後、固く常例と為す。草菴を房と為し、竹葉を座と為し、生を軽んじて法を重んじ、令法久住、国家を守護せん。

(第六条)
凡そ他宗年分の外、得度受具の者、自ら進みて住山十二年、両業を修学せんと欲する者あらば、具さに本寺并びに師主の名を注し、明らかに山院の状を取りて須く官司に安置すべし。固く一十二年を経竟らば、此の宗年分者に準じて、例へて法師位を賜へ。若し式法を闕かば、本寺に退却せしめよ。

(第七条)
凡そ住山の学生、固く一十二年を経て、式に依て修学せば、大法師位を慰賜したまへ。若し其の業具せずと雖も、固く山室出ずして、一十二年を経ば、法師位を慰賜したまへ。若し此の宗の者にして、宗式に順はず、山院に住せず、或は山に住すと雖も、屡衆法を煩し、年数足らずんば、永く官司の天台宗の名を貫除し、本寺に退却せしめよ。

(第八条)
凡そ此の天台宗の院、俗別当両人を差し、番を結んで検校を加へしめ、兼ねて盜賊・酒・女等を禁ぜしめ、佛法を住持し、国家を守護せん。

以前の八条式は、佛法を住持し、国家を利益し、群生を接引し、後生を善に進めんが為なり。謹んで天裁を請ふ。謹んで言す。

弘仁九年八月二十七日
前入唐求法沙門最澄上

天台法華宗年分度者回小向大式
合肆條

(第一条)
凡そ佛寺に三有り。一には一向大乗寺。初修業菩薩僧所住の寺なり。二には一向小乗寺。一向小乗律師所住の寺なり。三には大小兼行寺。久修業菩薩僧所住の寺なり。今天台法華宗、年分学生、並びに回心向大の初修業者は、一十二年、深山の四種三昧院に住せしめん。得業以後、利他の故に、小律儀を仮受せば、仮に兼行寺に住することを許す。

(第二条)
凡そ佛寺の上座に、大小二座を置く。一には一向大乗寺。文殊師利菩薩を置き、以て上座と為す。二には一向小乗寺。賓頭盧和尚を置き、以て上座と為す。三には大小兼行寺。文殊と賓頭盧と両上座を置き、小乗布薩の日には、賓頭盧を上座と為して、小乗の次第に坐し、大乗布薩の日には、文殊を上座と為して、大乗の次第に坐す。此の次第の坐は、此の間に未だ行はれざるなり。

(第三条)
凡そ佛戒に二有り。一には大乗大僧戒。十重四十八軽戒を制し、以て大僧戒と為す。二には小乗大僧戒。二百五十等の戒を制し、以て大僧戒と為す。

(第四条)
凡そ佛の受戒に二有り。一には大乗戒。普賢経に依て、三師証等を請す。釈迦牟尼佛を請して菩薩戒の和上と為す。文殊師利菩薩を請して、菩薩戒の羯磨阿闍梨と為す。彌勒菩薩を請して、菩薩戒の教授阿闍梨と為す。十方一切諸佛を請して、菩薩戒の証師と為す。十方一切諸菩薩を請して、同学等侶と為す。現前の一の伝戒師を請して、以て現前の師と為す。若し伝戒師無くんば、千里の内に請せよ。若し千里の内に能く戒を授くる者無くんば、至心に懺悔して、必ず好相を得、佛像の前に於て、自誓受戒せよ。今天台年分学生、并びに回心向大の初修業者には、所説の大乗戒を授け、将に大僧と為さん。二には小乗戒。小乗律に依り、師に現前十師を請して白四羯磨す。清淨持律の大徳十人を請して、三師七証と為す。若し一人を闕かば戒を得せず。

今天台年分学生、并びに回心向大の初修業者には此の戒を受くることを許さず。其の久修業を除く。

竊かに以[おもんみ]るに、菩薩国宝は、法華経に載せ、大乗の利他は、摩訶衍の説なり。彌天の七難は、大乗経に非ずんば、何を以ってか除くことを為さん。未然の大災は、菩薩僧に非ずんば、豈に冥滅することを得んや。利他の徳、大悲の力は、諸佛の称する所、人天歓喜す。仁王経の百僧、必ず般若の力を仮り、請雨経の八徳、亦た大乗戒を屈す。国宝・国利、菩薩に非ずんば誰ぞや。佛道には菩薩と称し、俗道には君子と号す。其の戒広大にして、真俗一貫す。故に法華経に、二種の菩薩を列す。文殊師利菩薩、彌勒菩薩等は、皆な出家菩薩。跋陀婆羅等の五百菩薩は、皆な是れ在家菩薩なり。法華経中に、具さに二種の人を列ね、以て一類の衆と為す。比丘の類に入れず、以て其の大類と為す。

今此の菩薩の類、此の間に未だ顕伝せず。伏して乞ふ、陛下、維の弘仁の年より、新たに此の大道を建て、大乗戒を伝流して、而今而後、利益せんことを。固く大鐘の腹に鏤めて、遠く塵劫の後に伝へん。仍りて宗式を奉り、謹んで天裁を請ふ。謹んで言す。

弘仁十年三月十五日
前入唐天台法華宗沙門最澄上

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

訓読文を表示
解題 ・凡例 |  1 |  2 |  3 |  原文 | 訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。