真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 最澄 『山家学生式』(八条式)

3ページ中2ページ目を表示
解題 ・凡例 |  1 | 2 |  3 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

山家學生式(八条式)

勸奬天台宗年分學生式

凡天台宗。得業學生。數定一十二人者。六年爲期。一年闕二人。即可補二人。其試得業生者。天台宗學衆。倶集會學堂。試法華。金光明。二部經訓。若得其第。具注籍名。試業之日。申送官。若六年成業。預試業例。若不成業。不預試業*例。若有退闕。具注退者名并應補者名。申替官

凡得業學生等衣食。各須私物。若心才如法。骨法成就。但衣食不具。施此院状。行檀九方。充行其人

凡得業學生。心性違法。衆制不順。申送官。依式取替

凡此宗得業者。得度年。即令受大戒。受大戒竟。一十二年。不出山門。令勤修學。初六年聞慧爲正。思修爲傍。一日之中。二分内學。一分外學。長講爲行。法施爲業。後六年思修爲正。聞慧爲傍。止觀業。具令修習四種三昧。遮那業。具令修習三部念誦

凡比叡山。一乘止觀院。天台宗學生等年分。并自進者。不除本寺名帳。便入近江有食諸寺。令送供料。但冬夏法服。依大乘法。行檀諸方。蔽有待身。令業不退。而今而後。固爲常例。草菴爲房。竹葉爲座。輕生重法。令法久住。守護國家

凡有他宗年分之外。得度受具者。自進欲住山十二年。修學兩業者。具注本寺并師主名。明取山院状須安置官司。固經一十二年竟。準此宗年分者。例賜法師位。若闕式法。退却本寺

凡住山學生。固經一十二年。依式修學。慰賜大法師位。若雖其業不具。固不出山室。經一十二年。慰賜法師位。若此宗者。不順宗式。不住山院。或雖住山。屡煩衆法。年數不足。永貫除官司天台宗名。本寺退却

凡此天台宗院。差俗別當兩人。結番令加檢校。兼令禁盜賊酒女等。住持佛法。守護國家

以前八條式。爲住持佛法。利益國家。接引群生。後生進善。謹請天裁。謹言

弘仁九年八月二十七日
前入唐求法沙門最澄上

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2.訓読文

山家学生式(八条式)

勧奨天台宗年分学生式

(第一条)
凡そ天台宗の得業の學生1の数、一十二人と定むるは、六年を期と為す。一年に二人闕くれば、即ち二人補ふべし2。其の得業生を試むるならば、天台宗の学衆、倶に学堂に集会し、法華・金光明二部の経訓を試み、若し其の第を得ば、具さに籍名を注し、試業の日、官に申し送らん。若し六年、業を成ずるは、試業の例に預る。若し業を成ぜざれば、試業の例に預らず。若し退闕有らば、具に退者の名并びに應補者の名を注して、官に申し替へよ。

(第二条)
凡そ得業の学生等の衣食は、各私物を須ひよ。若し心才如法にして、骨法成就3すれども、但だ衣食具らずんば、此院の状を施し、4を九方に行じて、其の人に充て行へ。

(第三条)
凡そ得業の学生、心性法に違し、衆制に順わずんば、官に申し送り、式に依て取り替へよ。

(第四条)
凡そ此の宗の得業者、得度の年、即ち大戒を受けしむ。大戒を受け竟らば、一十二年、山門を出ずして、勤めて修学せしめよ。初めの六年は聞慧を正と為し、思修を傍と為す。一日の中、二分は内学5、一分は外学6、長講を行と為し、法施を業と為す。後の六年は思修を正と為し、聞慧を傍と為す。止觀業には、具さに四種三昧7を修習せしめ、遮那業には、具さに三部の念誦8を修習せしめん。

(第五条)
凡そ比叡山、一乗止観院、天台宗学生等の年分、并びに自ら進む者は、本寺の名帳を除かず。便ち近江の食有る諸寺9に入れ、供料を送らしむ。但だ冬夏の法服は、大乗の法に依り、檀を諸方に行じ、有待の身10を蔽ひて、業をして退せざらしむ。而今而後、固く常例と為す。草菴を房と為し、竹葉を座と為し、生を軽んじて法を重んじ、令法久住、国家を守護せん。

(第六条)
凡そ他宗年分の外、得度受具の者、自ら進みて住山十二年、両業を修学せんと欲する者あらば、具さに本寺并びに師主の名を注し、明らかに山院の状を取りて須く官司に安置すべし。固く一十二年を経竟らば、此の宗年分者に準じて、例へて法師位を賜へ。若し式法を闕かば、本寺に退却せしめよ。

(第七条)
凡そ住山の学生、固く一十二年を経て、式に依て修学せば、大法師位を慰賜したまへ。若し其の業具せずと雖も、固く山室出ずして、一十二年を経ば、法師位を慰賜したまへ。若し此の宗の者にして、宗式に順はず、山院に住せず、或は山に住すと雖も、屡衆法を煩し、年数足らずんば、永く官司の天台宗の名を貫除し、本寺に退却せしめよ。

(第八条)
凡そ此の天台宗の院・俗別当11両人を差し、番を結んで検校12を加へしめ、兼ねて盜賊・酒・女等を禁ぜしめ、佛法を住持し、国家を守護せん。

以前の八条式は、佛法を住持し、国家を利益し、群生を接引し、後生を善に進めんが為なり。謹んで天裁を請ふ。謹んで言す。

弘仁九年八月二十七日
前入唐求法沙門最澄上

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3.現代語訳

山家学生式(八条式)

勧奨天台宗年分学生式

(第一条)
天台宗で得業しようとする学生[がくしょう]の数を十二人と定めるのは、六年を一期とする。一年で二人の欠員が出たならば、ただちに二人を補わなければならない。その(補欠候補としての)得業生を試験するには、天台宗の学衆が皆共に学堂に集まって、『法華経』と『金光明経』との二部の経典を読ませて訓じられるかを試し、もしその者が次第点を得たならば詳細にその籍名を記して、試業の日に役所に申し送る。もし六年で業を成じたならば、試業の例に預ける。もし業を成じなかったならば、試業の例に預れない。もし途中脱落があったならば、詳細にその中退者の名と補欠者の名を記して、役所に申し伝えること。

(第二条)
得業の学生などの衣食は、(まだ僧ではないため国からの支給は無く、また国に求めもしないで)各々私物を用いる。もし心才如法にして骨法成就していたとしても、ただ衣食が具わらない者があれば、この院の書状を与え、布施を諸方に乞うて(得た物を)その者に与えること。

(第三条)
得業の学生で、心性が法に違い、諸々の規制に従わない者があれば、役所に申し送って、式に従って取り替えること。

(第四条)
この宗の得業者は、得度の年に大戒を受けさせる。大戒を受けたならば、十二年間、山門を出ずに勤めて修学させること。初めの六年間は聞慧を正とし、思慧・修慧とを傍とする。一日の中、二分は内学、一分は外学とし、長講を行とし、法施を業とする。後の六年間は思慧・修慧とを正とし、聞慧を傍とする。止観業には具さに四種三昧を修習させ、遮那業には具さに三部の念誦を修習させる。

(第五条)
比叡山の一乗止観院にて、天台宗学生等の年分度者とそれを志す者らは、本寺の名帳から除かない。すなわち近江の食有る諸寺に入れて、供料を送らせる。ただ冬夏の法服は、大乗の法に依って布施を諸方に請い、はかなき身体にまとわせて、(止観・遮那いずれかの)業から脱落させないように。今より以降、これを固く常例とする。草菴を房とし、竹葉を座とし、(己の)命を軽んじて仏法を重んじ、令法久住して、国家を守護するのである。

(第六条)
他宗の年分度者など、すでに得度受具している者で、自ら進んで十二年間比叡山に住み、(止観業と遮那業との)両業を修学しようと欲する者があれば、詳細に本寺ならびに(その者の)師主の名を記し、確かに山院の書類を得てから、かならず官司に保管すること。確かに十二年を経たならば、この宗の年分度者に準じて、法師位を与えること。もし(当該者が)式法に違えることがあれば、本寺に退却させよ。

(第七条)
住山の学生で、固く十二年の間、制式に従って修学したならば、大法師位を慰賜したまえ。もしその業を備えなかったといえど、固く山室を出ずに十二年を経たならば、法師位を慰賜したまえ。もしこの宗の者であって、宗式に順ぜず、山院に住まわず、あるいは山に住みはしたものの、しばしば衆法を乱し、年数も足らない者があれば、永久に官司に登録している天台宗の名を除き、本寺に退却させよ。

(第八条)
この天台宗では院・俗別当との両人を指名し、当番制にして検校を加え、かねて盜賊・酒・女等を禁じ、仏法を守り伝えて、国家を守護する。

以上の八条式は、仏法を守り伝えるためのもので、国家を利益し、衆生を導き、後生を善にすすめることを目的とするものです。謹んで朝廷の御決済を請うものであります。謹んで申し上げます。

弘仁九年(818)八月二十七日
前入唐求法沙門最澄上

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

4.脚注

  • 得業の学生[がくしょう]…天台宗の年分度者となるべく学に励む少年(青年)のこと。→本文に戻る
  • 一年に二人闕くれば云々…それまで最澄の天台宗では、一旦は天台宗の年分度者となったものの、東大寺戒壇院にて具足戒を受けたならば、たちまち他宗に転向して離散し、二度と比叡山に帰ってこないものが多く出た。その危機感からの故にこそ、この『山家学生式』が上奏されたのであるが、万一再び離散者が出てもすぐそれを補えるよう、その具体的策をここで述べているのである。→本文に戻る
  • 骨法成就…骨法とは、白骨観(不浄観)であってこれを成就した者。すなわちある程度、無常観を修めて五欲旺盛でない者。→本文に戻る
  • 檀[だん]…檀那(dāna)すなわち布施の略。→本文に戻る
  • 内学[ないがく]…仏教についての学習。→本文に戻る
  • 外学[げがく]…仏教以外、たとえば儒教・道教・バラモン教あるいは暦法や算術などについての学習。→本文に戻る
  • 四種三昧[ししゅざんまい]…智顗『摩訶止観』巻第二上に説かれる、常坐三昧・常行三昧・半行半坐三昧・非行非坐三昧の四種の三昧。
     「二勸進四種三昧入菩薩位。説是止觀者。夫欲登妙位非行不階。善解鑚搖醍醐可獲。法華云。又見佛子修種種行以求佛道。行法衆多略言其四。一常坐。二常行。三半行半坐。四非行非坐」(T46. P11a→本文に戻る
  • 三部の念誦…『大日経』系の三部、すなわち仏部・蓮花部・金剛部の三密瑜伽念誦(瞑想法)。
     『金剛頂経』系であれば、仏部・金剛部・宝部・蓮花部・羯磨部の五部となる。→本文に戻る
  • 食有る諸寺…国家から食封[じきふ]の給付がある寺院。すなわち一定の収入が国家から保証された、ある程度経済的に豊かな寺院のこと。→本文に戻る
  • 有待[うだい]の身…何かに寄りすがらなければならない身。食料や衣服、住居などが無ければ維持できない身の上のこと。→本文に戻る
  • 院・俗両別当…別当[べっとう]とは、寺院の事務(寺務)・庶務を統括する役職。いわば事務長官。最澄は、天台宗(比叡山)において僧侶と俗人との二名の別当を置くことを希望した。→本文に戻る
  • 検校[けんぎょう]…寺務を実際に取り仕切る役職。→本文に戻る

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3ページ中2ページ目を表示
解題 ・凡例 |  1 | 2 |  3 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。