真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 最澄 『願文』(現代語訳)

現代語訳を表示
序説 ・凡例 |  1 |  2 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・最初の項へ戻る →

・ トップページに戻る

1.現代語訳

『願文』

限りなく流転し続ける(欲界・色界・無色界の)三界は、どこまでも「苦」であってついに安きことはなく、 (諸々の苦に)乱れ迷う(胎生・卵生・湿生・化生の)四生は、ただ患いであった楽しきことはない。

釈迦牟尼という太陽は久しい昔に隠れ、弥勒仏という月はいまだ(この娑婆を)照らすにいたっていない。(我々の世は)三災の危険が迫り来つつあり、五濁という深い底へ沈みつつある。そればかりか、疾風のように過ぎ去っていく我が生命をいつまでも保つことは出来ず、露のように儚い身体は消えやすきものである。

草堂に楽しみなどあるわけもないが、老いも若きも白骨を散じ曝し、土室の闇に押し込められるのに、貴きも賤しきもその魂魄を争うように宿すこととなる。

他者を観察し、また自己を省みたならば、この理は必定である。(長寿・不老不死が得られるという伝説上の)仙丸を服用していなければ、さまよう魂を留めることは出来ず、宿命通を獲得していなければ、死期をどのように知ることなど出来ようか。

生あるうちに善をなさなければ、死せる日には(我が身は)地獄で燃え盛る薪となるであろう。

得難いながらも、しかし失い易きもの、それは人としての生である。起こし難いながらも、忘れ易きもの、それが善心である。

そのようなことから、法皇たる釈迦牟尼は、「大海の針」や「妙高山の糸」の話になぞらえて、人としての生が得難いものであること喩えられ、古代支那の賢者たる禹王は、わずかな時間、一瞬の暇でもこれを惜しみながら、人生が虚しく過ぎることを歎いたのである。

原因が無いのに結果を得ること、そのような道理は存在しない。

つつしんで己の行跡を振り返って考えてみると、無戒でありながらも、国家から(袈裟衣・飲食・臥具・薬)の四事の労りを受けつつ、甚だ愚かであるがために四生に(害をなし)怨みを受ける身となっている。

そのようなことから、『未曾有因縁経』に説かれている。「施す者は天に生まれ、施しを受ける者は地獄に入る」と。提韋女人は(五人の比丘たちに)四事供養したことによって、釈迦牟尼ご在世の当時に末利夫人として(生まれ変わり)王妃となって福ある人生を受け、(提韋女人の四事供養を)欺いて貪ぼった五人の比丘らの報いは、石女擔輿の罪となって顕れたのである。

まこと明らかであろう、善悪の因果。誰か恥を知る人でありながら、この仏典を信じない者などあるだろうか。(いや、そんな者はありはしないのである。)

そのようなことから、苦の因を知って苦の果を恐れない者を、釈尊は(決して解脱できない者たる)「闡提」と断じられ、人としての生を受けながらも虚しく過ごして善業をなさない者を、聖教では「空手」と責めているのである。

ここにおいて、愚が中の極愚、狂が中の極狂、塵禿の有情たる底下の最澄は、上は諸仏に違い、中は皇法に背き、下は孝礼を欠いている。

謹んで、(我が)迷狂の心に従いながらも、ここにいくばくかの願を発した。無所得をもって方便とし、無上第一義のために、金剛不壊不退の心願を発した。

①私が、いまだ六根相似の位を得ないでいる間は、世間(仮の世界)に出ない。

②私が、いまだ理を照らす心を得ないでいる間は、才芸に携わらない。

③私が、いまだ浄戒を具足しないでいる間は、施主の法会に出ない。

④私が、いまだ(一切の事物・事象が空であると達観する)般若の心を得ないでいる間は、世間での人事・縁務に関わらない。ただし、相似の位に至っていた場合は除く。

⑤(過去・未来・現在の)三際において修める功徳を、私独りで己が身に受けることなく、あまねく意識ある者すべてに廻らし施して、悉く皆が無上菩提を得られるようにする。

つつしみ願わくは、解脱の味を独り飲まず、安楽の果を独リ証せず、法界の衆生と同じく妙覚の位に登リ、法界の衆生と同じく妙味を味わおう。もしこの願力によって、六根相似の位に至り、もし五神通を得た時は、決して自らが(苦たる生死流転の世界から)解脱すること無く、(声聞乗においては最上の阿羅漢果たる)正位を証することなく、いかなるものにも執着せぬようにあろう。

願わくば、(私、最澄は)必ず今生の無作無縁なる(「衆生無辺誓願度・煩悩無尽誓願断・法門無量誓願学・仏道無上誓願成」という)四弘誓願によって引導され、周く法界を廻り、遍く(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天の)六道を転生し続け、仏国土を浄め、衆生を(助け導くことを)成就し、未来永劫にわたって、常に仏事をなし続けていく。

← 前の項を見る・最初の項へ戻る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

現代語訳を表示
序説 ・凡例 |  1 |  2 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。