真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 最澄 『願文』(訓読文)

訓読文を表示
序説 ・凡例 |  1 |  2 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.訓読文

『願文』

悠悠たる三界、純ら苦にして安きことなく、擾擾たる四生は、ただ患いにして楽しからず。牟尼の日は久しく隠れて、慈尊の月いまだ照らさず。三災の危うきに近づき、五濁の深きに沈む。加以[しかのみならず]、風命は保ちがたく露体は消えやすし。草堂楽しみなしといえども、いかも老少白骨を散じ曝し、土室闇く迮しといえども、しかも貴賤は魂魄を争い宿す。彼を瞻己を省みるに、此の理必定せり。仙丸いまだ服せざれば、遊魂留め難く、命通いまだ得ざれば、死辰何とか定めん。生きる時善を作さずんば、死する日獄の薪とならん。得難くして移り易きは其れ人身なり。発し難くして忘れ易きはこれ善心なり。是を以て、法皇牟尼は、大海の針、妙高の線を仮りて、人身の得難きを 喩況し、古賢禹王は一寸の陰、半寸の暇を惜しみて、一生の空しく過ぐるを歎勸せり。因無くして果を得るは、是の処有ること無し。伏して己が行迹を尋ね思うに、無戒にして竊かに四事の労りを受け、愚痴にしてまた四生の怨となる。是の故に、未曾有因縁経に云わく、施す者は天に生まれ、受くる者は獄に入ると。提韋女人の四事の供は、末利夫人の福と表れ、貪著利養五衆の果は、石女擔輿の罪と顕る。明らかなるかな善悪の因果、誰か有慙の人にしてこの典を信ぜざらんや。しかればすなわち、苦の因を知りて苦の果を畏れざるを、釈尊は闡提と遮したまい、人身を得て徒に善業を作さざるを聖教には空手と嘖めたまう。是に於いて、愚が中の極愚、狂が中の極狂、塵禿の有情、底下の最澄、上は諸佛に違い、中は皇法に背き、下は孝礼を闕けり。謹みて迷狂の心に隨い、三二の願を発す。無所得をもって方便となし、無上第一義の為に、金剛不壊不退の心願を発す。我れいまだ六根相似の位を得ざるよりこのかた出仮せじ其一。いまだ理を照らす心を得ざるよりこのかた才芸あらじ其二。いまだ浄戒を具足することを得ざるよりこのかた檀主の法会に預からじ其三。いまだ般若の心を得ざるよよりこのかた、世間の人事・縁務に箸かじ、相似の位を除く其四。三際の中間に、修する所の功徳は、独り己が身に受けず、普く有識に回施して、悉く皆無上菩提を得せしめん其五。伏して願わくは、解脱の味独り飲まず、安楽の果独リ証せず。法界の衆生と、同じく妙覚に登リ、法界の衆生と、同じく妙味を服せん。もし此の願力によりて、六根相似の位に至り、もし五神通を得ん時は、必ず自度を取らず、正位を証せず、一切に箸せざらん。願わくは必ず今生無作無縁の四弘誓願に引導せられて、周く法界を旋り、遍く六道に入り、佛国土を浄め、衆生を成就し、未来際を尽くすまで、恒に仏事を作さん。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

訓読文を表示
序説 ・凡例 |  1 |  2 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。