真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『阿留辺畿夜宇和(あるべきようわ)』とは

序・凡例・目次を表示
序・凡例・目次 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10

← 前の項を見る・次の項を見る →

関連コンテンツ
明恵上人とは |  明恵上人の言葉 |  明恵上人の手紙

・ トップページに戻る

1.序

画像:「栂尾明恵上人樹上坐禅図像」(高山寺蔵)

『阿留辺畿夜宇和』とは

『阿留辺畿夜宇和[あるべきようわ]』とは、『栂尾明恵上人遺訓』の別題です。

これは、『栂尾明恵上人遺訓』の冒頭が、「人は阿留辺畿夜宇和と云七文字を持つべきなり」という法語から始まることに依ります。

「あるべきようわ」を「阿留辺畿夜宇和」と、漢字で記してありますが、これは当時の仮名文によく見られる漢字の音だけを当てたもので、いわゆる万葉仮名です。よって、当然の事ながら、当てられているそれぞれの漢字に意味などありません。

この書は、寛文五年(1665)二月、京都にて『栂尾明恵上人伝記』上下巻に付録され、初めて出版されたものです。以降、一般にもたやすく読まれるようになり、ひろく僧俗に親しまれてきました。慈雲尊者も、その著『十善法語』の中で引用しています。

もっとも、『阿留辺畿夜宇和』は、その冒頭に「文暦二年乙未夏の比より始て人の聞き持てるを集て記之。定で誤あらん歟」とあり、末尾には「嘉禎四年戊戌六月二日 於高山寺閼伽井小坊書是猶随求出可書加之 遺弟非人沙門高信」とあるように、高信が、明恵上人が亡くなって3年後の文暦2年(1235)より人々から上人の言葉を聞き集め、嘉禎4年(1238)に書き記したもののようです。

よって、この書の正式な題には『栂尾明恵上人遺訓』と、これを「遺訓」としていますが、上人が弟子達に特に「遺言」として意識して説いた言葉の集成とは言えないものであることから、適当とは言えないかもしれません。やや後に『伝記』から『遺訓』を別出して出版された、『明恵御詞抄』の方が、タイトルとしては適切だったかもしれません。

『阿留辺畿夜宇和』の内容は、明恵上人が主として僧侶に対しておりおりに説かれた言葉の集成で、以下の五十一篇からなります。これらは、みずからの宗教的信条から、いかにして仏教を修行すべきかの心得、または当時の仏教者のありさまを痛烈に批判したものなどで、漢文ではなく平易な仮名でつづられた「仮名法語[かなほうご]」です。

「あるべきようわ」とは

さて、「あるべきようわ」とは、戒も律も守らず、俗人以上に俗な生活を送ってまったく恥じることのない当時の僧侶、これは現在もまったく変わっていませんが、彼らに対して示した痛烈な批判の言葉でした。

当時の僧侶たちのひどい有様がどのようなものであったか。それは、この『阿留辺畿夜宇和』の記述からも知ることは出来ますが、明恵上人没後半世紀ほど時を経た弘安六年(1283)成立の、臨済宗僧、無住一円[むじゅういちえん]によって著された仏教説話集『沙石集[しゃせきしゅう]』三にある、「遁世の 遁は時代に 書きかへむ 昔は遁 今は貪」という歌からも伺い知ることが出来るでしょう。そして、このことから明恵上人の言葉は、江戸期に出版されるはるか以前より、世間に親しまれていたものであったことが知られます。

また、「あるべきようわ」に代表される明恵上人の教えは、承久の乱(1221)など相次ぐ戦乱、政治形態の一大転換期にあって、人心乱れに乱れていた当時にあり、僧侶でない在俗の人々に対して説かれた言葉でもあります。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2.凡例

目次

51編の法語からなる『栂尾明恵上人遺訓』(以下『遺訓』)の短篇それぞれには、本来題など付されていないが、ここでは便宜的に、宮坂宥勝偏『仮名法語集(日本古典文学大系)』岩波書店(以下【岩波】)の解説の中で挙げられたものを、目次として使用した。

ただし、【岩波】ではその解説の中で『遺訓』は53篇からなるとしている。これは、第33篇目にあたる法語を、三つの法語からなると数えたか単なる誤解であろう。しかしながら、それらは一連の法語であることは明らかである。よって、ここでは51篇とした。

本文

宮坂宥勝偏『仮名法語集(日本古典文学大系)』岩波書店を底本とした。これは寛文5年2月刊行『栂尾明恵上人伝記』上・下巻の付録『栂尾明恵上人遺訓』を底本としたものであるという。

現代語訳は、基本的に逐語的に訳すことを心がけ、原文の読点の位置とも対応させた。よって、現代語訳文には、読点が現代文からすれば、過剰あるいは不自然な位置に打たれている場合がある。もっとも、現代語訳を逐語的に行ったと言っても、読解を容易にするため、原文にない語句を挿入した場合がある。この場合、それら語句は( )に閉じ、挿入語句であることを示している。しかし、挿入した語句に訳者個人の意図が過剰に働き、読者が原意を外れて読む可能性がある。注意されたい。

定本に付されていたルビは、適宜現代用いられている平仮名に変更し、当該語句の後ろに[ ]にて閉じた。また本文には、仮名文学の習いにて、時として一部ごく簡単な漢文が文末に用いられていることがある。この場合は[ ]内にカタカナで読み下しを付した。

なお、例えば以下のように、本文は実線(青色)にて囲ってそれが本文であることを示し、現代語訳は破線(灰色)にて囲ってそれが現代語訳であることを示している。

本文

現代語訳

訳者の古文の素養がまったく不十分なため、原文にある副詞等を厳密に訳し得なかった。よって原意を外れた錯誤が多々あると思われる。願わくは識者の指摘を請う。

語注

語注は、とくに説明が必要であると考えられる仏教用語、あるいは古語などに適宜付した。底本の頭注をそのまま用いた場合は、語注の中で【岩波】と記し「」内に挙げた。底本の頭注には、意味不明あるいは本文に照らしても意味の通じないもの、または錯誤であると思われるものがいくつかあった。その場合はそれを指摘し、あわせて訳者の注を挙げた。

本文に経論からの引用がされている箇所は、判明している範囲でその典拠を示した。それらはすべて『大正新修大蔵経』による。例えば引用箇所が『大正新修大蔵経』2巻177項上段であった場合、(大正2,P177上段)と表示している。

参考文献

宮坂有勝編『仮名法語集(日本古典文学大系)』岩波書店,1964年
田中久夫『明恵』吉川弘文館,1988年
久保田淳・山口明穂校注『明恵上人集』岩波文庫,1981年
平泉洸『明恵上人伝記』講談社学術文庫,1980年

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3.『阿留辺畿夜宇和』目次

1.阿留辺畿夜宇和
2.現世にあるべきやう
3.田楽法師
4.上古仏法を
5.我は人に
6.人の信施は
7.人は我祈りの為とて
8.人常に云く
9.東寺の塔を
10.仏法者と云は
11.波斯匿王
12.末代の習
13.我学道する様
14.我は幼稚
15.我は師を
16.此草庵に
17.昔は我
18.人は常
19.亡者の
20.左右なく
21.高僧等の
22.上古は
23.今は勝れて
24.末代の
25.相構て
26.我身の様
27.世に久く
28.仏に代りて
29.近来の
30.凡夫は
31.人の過を
32.若仏の
33.我常
34.師資の様
35.礼仏読経
36.此の比は
37.師なき時は
38.阿難尊者の
39.菩提と云事は
40.道場に入る
41.寂静を欣て
42.昔し,我
43.適々仏法に入て
44.驕慢と云物は
45.当時は酒取入て
46.昔より人を見に
47.末代は
48.当初本寺に
49.只様もなく
50.聊の流に
51.只心を一にし

貧道覺應 拝識
(horakuji@gmail.com)

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

関連コンテンツ
明恵上人とは |  明恵上人の言葉 |  明恵上人の手紙

序・凡例・目次を表示
序・凡例・目次 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。