真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『根本僧制』(4)

本文6ページ中4ページ目を表示
凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

第四条

第四に、当山*1 規矩*2 、一切諸宗如法如律之徒*3 は、悉く是れ一派同袍[どうほう]。仮令[たと]ひ別所属の本山有も、亦当山に於て法事*4 を執行[とりおこなう]ことを妨げず。其の如く沙弥*5 及び新学比丘*6 と為り、依止*7 と為り和上*8 と為るも、亦通じて妨げ無し。→原漢文

尊者自注

今時あるひは相似の僧坊*9 あり。自他派を立てゝ。自派は濫行も相聚り。他門は有徳をも隔る。これ一派の私会処と云べし。賢聖*10 の僧坊と云べからず。此ノ第四条実に佛世より承ケ来て、賢聖の風采、正法律僧坊に現存するなり

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

2.現代語訳

第四条

第四に、当山の規矩[きく]についてであるが、どのような宗派に属する人であっても如法如律の人は、全て一派同胞である。たとえ別に所属している本山がありながら、当山において法事を執り行ったとしても、これを妨げるものではない。そのように、(他派の人であっても当山で)沙弥[しゃみ]や新学比丘[しんがくびく]となり、誰か当山の(修行者の)依士師[えじし]となり和上[わじょう]となったとしても、また同じようにそれを妨げることはないのである。

尊者自注

今時は、ともすると相似の僧坊がある。自派・他派(などといった別)を主張して、自派(の僧)であるならば、乱行・破戒の僧であっても(それを追放などせず、かばい立てして、布薩などの行事に)集まり、(反対に)他門の者であるからというだけで、徳のある僧侶を(自分達の僧坊に参集するのを)拒絶するのである。このようなものは(僧坊とは呼べぬものであって)「一派が私的に集まるたまり場」と言うべきである。賢聖[けんじょう]の僧坊などと言えるものではない。この第四条は、実に仏陀釈尊ご在世の昔から受け継がれた、賢聖の態度である。これは正法律をかかげる僧坊に現在行われているものなのである。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

3.脚注

第二条(原文)第四。当山規矩。一切諸宗如法如律之徒。悉是一派同袍。仮令有別所属本山。亦不妨於当山執行法事。如其為沙弥及新学比丘。為依止為和上。亦通無妨→本文に戻る

*1 当山[とうざん]…河内高井田の長栄寺[ちょうえいじ]。この地で正法律は宣揚された。→本文に戻る

*2 規矩[きく]…規則。→本文に戻る

*3 如法如律[にょほうにょりつ]…仏陀の説いた教えと戒めとに忠実なこと。→本文に戻る

*4 法事[ほうじ]…受戒や布薩など、その他の儀式。→本文に戻る

*5 沙弥[しゃみ]…サンスクリットŚrāmaņera[シュラーマネーラ]またはパーリ語Sāmaņera[サーマネーラ]」の音写語。数え年二十歳未満で、具足戒を受けていない出家修行者を指す。一般に小僧または雛僧[ひなそう]などと言われる。もっとも、時として二十歳を超えても具足戒を受けぬままの者もいる為、必ずしも未成年ではない。→本文に戻る

*6 新学比丘[しんがくびく]…比丘とは、「(食を)乞う者」を原意とする、サンスクリットBhikşu[ビクシュ]またはパーリ語Bhikkhu[ビック]の音写語で、仏教では正式な男性出家修行者のこと。新学比丘とは、具足戒をうけて五年未満の比丘。比丘となった者は、最低五年以上、和上か依士師の指導を受け、出家者としての行儀や知識を身につけなければならない。→本文に戻る

*7 依士師[えじし]…和上の代理として新学比丘を指導する比丘。比丘となってから五年以上経ており、律に通じた者がその任にあたる。阿遮梨[あじゃり]とも言う。→本文に戻る

*8 和上[わじょう]…サンスクリットUpādhyāya[ウパージャーヤ]が転訛した言葉の音写語と推定される。和尚とも書かれ、「おしょう」「かしょう」などの読みもある。(個人の)師僧のことである。日本では、和上あるいは和尚とは一種の尊称や称号となっているがそうではない。
比丘となってから十年以上経ており、律に通じた徳あるものが、初めて弟子をとることが出来る。その弟子からすれば、その師が和上であって、他の者の師は和上ではない。
弟子は和上を父のように、和上は弟子を子のように思い、その指導監督をすべきことが、律蔵に説かれている。実際、南方諸国における師僧とその弟子のあり方は、本当に父子の如き濃密なものであって、建前でそのように言われているわけではない。→本文に戻る

*9 相似[そうじ]の僧坊…律院または僧坊の看板を挙げ、持律持戒を旨としていると称していても、その実は、派閥主義的・排他的であり、律の実行についても曖昧な僧坊。江戸期にはこのような僧坊は全国にいくらでもあったようである。→本文に戻る

*10 賢聖[けんじょう]…賢者と聖者の略。大乗と小乗とで、それぞれその定義は異なるが、賢者も聖者も共に、ある特定の修行法を行うことによって達し得る悟りの階梯の一。もっとも、ここでは単に「如法如律の比丘達」というほどの意味か。→本文に戻る

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

本文6ページ中4ページ目を表示
凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。