真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『根本僧制』(3)

本文6ページ中3ページ目を表示
凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

第三条

第三に、若し三蔵*1 の所説、事に於て行ずべからず者、或は聖言未だ具せず者は、則須く支那扶桑諸大徳の諸誥、及び現前僧伽*2 和合*3 に依るべし。→原漢文

尊者自注

印度よりして支那、支那よりして我朝、風土同からず。其ノ正法律十善の法は、万国におし通じ、古今に推シ通じて、差異なけれども、行事*4 は或は通塞あり。支那の風これを我朝に施すべからず。立を礼とする等なり。沙門*5 の中或は可也。貴人官辺には其ノ式行ふべからず。此の類先徳の所誥あり。亦現前僧の和合あるべし。内衣*6 を着せず、直に偏袒*7 する。又食時に匙箸を用ひざるは、印度の聖儀なれども、此ノ邦の風儀に異なり。又先徳の所誥、現前和合の式あるなり。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

2.現代語訳

第三条

第三に、もし三蔵の説くところではあっても、(日本という土地で)僧侶としてすべき行事や威儀・作法などで行うべきでないことや、釈尊が全くお説きにならなかった(が、今はなんらかの規定が必要な)ことについては、支那や日本の先徳の教誡、ならびに現前僧伽[げんぜんそうぎゃ]の和合によって決定するべきである。

尊者自注

インドと比較して支那、支那と比較して日本と、その風土気候は同様なものではない。正法律・十善の教えは世界中のあらゆる場所に通用し、昔も今も通じて異なりがない(普遍の)ものであるが、行事に関しては、時として通用するものもあれば、はばかられるものもある。

支那の風儀を、そのまま(無批判に)日本で実行しようとしてはならない。例えば(支那では正式に礼をなすときに)立ったまま礼すること等である。沙門[しゃもん]同士であったならば、あるいはそれも良いであろう。しかし、(日本の)貴人官人などに対しては、(他国他所で特有の)その礼式を用いるべきではない。此の類のことについては、すでに先徳の教誡がある。また現前僧伽の和合(による決定)があるべきである。

内衣[ないえ]を着ずに、(裸の上から袈裟をまとって)右肩を(素肌ごと)あらわにすることや、食事をするときに(右手で直接食べ物をつかんで)匙[さじ]や箸を用いないのは、インドにおける聖なる風儀ではあるけれども、この日本の風儀には異なるものである。また(このようなことについても)、先徳の教誡、現前僧伽和合の式がある。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

3.脚注

第二条(原文)第二。若欲依律而行事。律文或闕或不了。須依経及論蔵諸説→本文に戻る

*1 三蔵[さんぞう]…その内容から三種に分類された仏典の総称。その三とは、主に仏陀の思想的言動の記録である経典の集成である「経蔵」と律の規定に関する記録の集成たる「律蔵」、ならびに経典の注釈書である論書の集成「論蔵」。→本文に戻る

*2 現前僧伽[げんぜんそうぎゃ]…僧伽とは、サンスクリットSaṃgha[サンガ]またはパーリ語Saņgha[サンガ]の音写語で、「集まり」・「集団」を意味する。仏教では特に、「出家者の組織」を意味する言葉として用いられる。現前僧伽とは、世界中のすべての僧伽を「四方僧伽」と言うのに対して、ある限られた地域、例えば国・町・村、最小では寺院境内あるいは堂内を区切りとする僧伽をいう。これは四人以上の比丘が集まってこそ構成しうる。→本文に戻る

*3 和合[わごう]…持律の僧侶達が、(会議に)全員出席したうえで、意見を一致させること。ただ僧侶らが諍いなど起こさず一緒にいることを和合などとはいわない。律蔵に従って生活する比丘が、その規定にそむかず意見を一致させること。行事を全員参加で行うことを、和合という。→本文に戻る

*4 行事[ぎょうじ]…僧侶の重要な諸行事から、日常のあらゆる行為をふくむ、律蔵に規定された僧侶の行儀作法・身だしなみ。→本文に戻る

*5 沙門[しゃもん]…サンスクリットŚramaņa[シュラマナ]またはパーリ語Samaņa[サマナ]の音写語。「(宗教的な)努力する人」を意味し、仏教では僧侶のことを指す。→本文に戻る

*6 内衣[ないえ]…袈裟の下に着す、褊衫[へんざん]と言われる衣。日本では支那以来、律宗か真言宗などが着用している。→本文に戻る

*7 偏袒[へんだん]…相手に敬意を表すために、片方の肩(右肩)をあらわにすること。インド古来の礼法。僧侶が右肩をあらわにして袈裟を着用するのは、自分より上座の者や仏像・仏塔などに対して礼をなすときであり、それ以外の時は、通肩[つうけん]といって両肩を隠すように袈裟を着なければならないことが、律蔵にて規定されている。
日本ではこの着用法はほぼ忘れられ、それを知るものはいないに等しい。また、釈尊以来の戒律を厳しく守っている、などと宣伝される上座部が信仰されてきた国の中、律についてほとんど無視した態度を採っているスリランカもまったく同様。ほとんどの者が、どうやって通肩に袈裟を着るのか知ってすらいない。→本文に戻る

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

本文6ページ中3ページ目を表示
凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。