真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 略年譜

慈雲尊者略年譜
西暦 和暦 年齢 出来事
1718 享保
3年
1歳 7月28日、大阪中之島高松藩蔵屋敷にて誕生。
父上月安範。母お幸。幼名満次郎。
1726 享保
13年
9歳 読み書きを習い始める。儒学に傾倒し、仏教を嫌悪。
1730 享保
15年
13歳 7月、父安範死去。
11月、父の遺命によって、法楽寺忍綱貞紀のもとで出家。僧名、慈雲忍瑞。
1732 享保
17年
15歳 四度加行開白。如意輪法を修するなか発心。初めて仏道に幾ばくかの信をもち、修行に打ち込み始める。
1733 享保
18年
16歳 忍綱貞紀の命によって、京都の大儒学者、伊藤東涯の門下に入って漢学を学ぶ。
1736 元文
元年
19歳 南都に遊学。
11月、河内野中寺にて沙弥戒を受ける。
1738 元文
3年
21歳 11月、河内野中寺にて自誓受具。比丘となる。
1739 元文
4年
22歳 僧名を慈雲忍瑞から慈雲飲光へ改名。
忍綱貞紀より法楽寺住職の任を譲られる。
1741 寛保
元年
24歳 9月、法楽寺住職を弟弟子、松林に譲り、信州正安寺は大梅禅師のもとに参禅。
1744 延享
元年
27歳 4月、河内高井田長栄寺に入寺。結界して僧坊とする。
1749 寛延
2年
32歳 7月、『根本僧制』を著し、正法律を宣揚。
1750 寛延
3年
33歳 3月、有馬桂林寺住職を兼任。
忍綱貞紀遷化。
1751 宝暦
元年
34歳 7月、『方服図儀』広略二本を著す。
弟弟子、愚黙親証入寂。享年24歳。
1758 宝暦
8年
41歳 河内不動寺にて、『南海寄帰内法伝解繿鈔』を著す。
生駒山中に雙龍庵を結んで隠棲。
1766 明和
3年
49歳 1月、『方服図儀』に基づく千衣裁制第一衣なる。
『梵学津梁』一千巻脱稿。
1771 明和
8年
54歳 信者の懇請によって、京都阿弥陀寺に入寺。
1773 安永
2年
56歳 宮中の女御女院等に十善戒を授ける。
12月より十善を盛んに講じる。
1775 安永
4年
58歳 秋、『十善法語』著述。
1776 安永
5年
59歳 葛城山中の河内高貴寺に移住。
1781 天明
元年
64歳 夏、『人となる道』初編再校。
1783 天明
3年
66歳 『表無表章随文釈』を著す。
1786 天明
6年
69歳 高貴寺僧坊が正法律一派総本山として幕府より認可。
秋、「高貴寺規定」13ヶ条制定。
1788 天明
8年
71歳 夏、『無題章』を著す。以降、神道研究に専心。
1792 寛政
4年
75歳 『伝戒記』、『人となる道』、『神儒偶談』などを著す。
1795 寛政
7年
78歳 5月、両部曼荼羅を講伝。『両部曼荼羅随聞記』を著す。
1800 寛政
12年
83歳 5月、『金剛般若経』講経。
1803 享和
3年
86歳 『理趣経講義』にて、漢訳経典から梵語への倒訳を試行。
1804 文化
元年
87歳 8月上旬、長栄寺にあったとき発病。
12月22日夜半、講経の準備中に阿弥陀寺にて遷化。

・  略年譜のトップへ戻る

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。