真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『正法律興復大和上光尊者伝』

本文中16ページ中9ページ目を表示
序説凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

年三十。移有馬桂林寺。復結界。広作佛事。尊者恒病唐宋已来。袈裟之裁製不順佛制。著法又失塔肩之式。随意施鉤紐。遂発憤執筆。依経律紀伝。反覆参験。又拠古像古画可為徴者。広捜遠索。殫心畢慮。述方服図儀二巻。広本十巻。刻其略本。以恵有志之徒。

可謂高見卓識。過越等夷者。於是乎。沙門之標式。再備於千載之後矣。居常以担荷大法。毘翊衰敗為志。惟知有法。不知有己躬。汲汲焉唯恐法輪不転。煅煉学徒。諄諄誘掖。苟有益於法門。輙千里不辞労。遇有来請講者。即日就道。

講南海伝於南山而解纜鈔。講表無表章於界浦而著隨文釈。講無門関於長慶而撰鑰説。其他大小経論。新旧諸律。或密或禅。罔年不講凡尊者之講書也。善標宗会章句或略。因縁譬喩冥興理應。所謂九方皐之相馬之風也。是以聴者心地開朗。自忘其疲。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

2.読み下し

年三十。有馬桂林寺[ありま・けいりんじ]に移る。復結界し、広く佛事*1 を作す。尊者恒に唐宋已来、袈裟の裁製佛制に順ぜず、著法も亦塔肩[たっけん]の式*2 を失い、随意に鉤紐[こうちゅう]を施すを病み、遂に発憤して筆を執り、経律紀伝*3 に依り、反覆参験し、又古像古画の徴とすべき者に拠り、広く捜り遠く索して、心を殫[つ]くし慮を畢[ことごとく]して、方服図義[ほうぶくずぎ]二巻。広本十巻を述し、其の略本を刻して、以て有志の徒に恵む。

謂いつべし高見卓識。等夷に過越する者と。是に於て、沙門[しゃもん]の標式。再び千載[せんざい]の後に備りぬ。居常に大法を担荷し、衰敗を毘翊[びよく]するを以て志と為。惟[ただ]法有ることを知って、己が躬[み]有ることを知らず。汲汲[きゅうきゅう]として唯だ法輪の転ぜざらんことを恐る。学徒を煅煉[たんれん]して、諄諄誘掖[じゅんじゅん・ゆうえき]*4 す。苟[いやしく]も法門に益有れば、輙[すなわ]ち千里労を辞せず。来[きた]って講を請う者有に遇[あって]は、即日道に就く。

南海伝を南山*5 に講じて解纜鈔[げらんしょう]*6 を述し、表無表章[ひょうむひょうしょう]*7 を界浦に講じて隨文釈[ずいもんしゃく]を著し、無門関[むもんかん]*8 を長慶[ちょうけい]に講じて鑰説[やくせつ]を撰す。其の他大小経論。新旧諸律。或は密或は禅。年として講ぜさること罔[なし]。凡そ尊者の書を講ずる也。善く宗会を標して章句或は略す。因縁譬喩冥に理と応ず。謂所[いうところ]九方皐[きゅうほうこう]がの馬を相する*9 の風なり。是を以て聴く者心地開朗。自ら其の疲を忘る。

← 前の項を見る・次の項を見る 

・  目次へ戻る

3.現代語訳

尊者齢三十のことである。(尊者は)有馬の桂林寺に居を移されたのであった。そしてまた桂林寺を結界(して律院僧坊と)し、広く仏事を行われたのであった。尊者は常日頃より、支那の唐代・宋代以来、袈裟の大きさや色形などの作り方が、佛陀が律蔵に規定されたものに従っておらず、その着ける方法についても塔肩[たっけん]の式が忘れ去られ、好き勝手な場所に袈裟を着けるための留め具や紐を袈裟に縫いつけているのを、心苦しく思われていた。そこで、ここにいたって発憤されて筆を執り、経典や律典や高僧伝、インドに留学した支那僧が残した紀行書などに拠って、これを何度も読み返して研究し、さらに古くから伝承されている仏像や僧侶の木像、仏画のこれといったものに基づいて、ありとあらゆる角度から(正しい袈裟のあり方を)模索して、熱心に、そして深く考究して、『方服図儀[ほうぶくずぎ]』略本二巻と、(さらに詳細に書かれている)『方服図儀』広本十巻を著されたのであった。その内、略本を印刷して、有志の人々に贈ったのである。

(この『方服図儀』を著されたことは)こう評されるべきであろう。その高見と卓識とは、等夷に過ぎたるものであると。ここにおいて、仏教僧の標(である袈裟)は、長く後代にわたって伝わる(確かな)ものとなったのである。(尊者の)行い、生き様は、常に仏法を背負っておられ、(仏法が正しく行われずに)衰えていくのを止めることを自らの志とされていた。ただ仏法がこの世に存在していること(の意義)のみ考えて、ご自身の存在を顧みて保身や処世に終始されるようなことはなかった。一心に、仏陀の教えがこの世に正しく説かれ、行われないことにこそ危機感をもたれていた。(そこで、仏道を志して学問修行に励む尊者の門下に集った)学徒を鍛錬して、諄諄誘掖[じゅんじゅんゆうえき]されたものである。まことに仏陀の教え(を代弁される尊者の諭し)に、(自らの苦しみを軽減し、さらに他者に利益をもたらす)効果があるからこそ、千里の道のりをはるばるやってきた疲れなどは問題とならないのである。(尊者の噂を聞いてその元を)訪れて教えを請い、教えを受けた者は、その日から仏道に目覚めたのである。

『南海寄帰内法伝』を高野山で講述して、『南海寄帰内法伝解纜鈔[なんかいききないほうでんげらんしょう]』を著され、『表無表章[ひょうむひょうしょう]』\を界浦にて講釈して『表無表章隨文釈[ひょうむひょうしょうずいもんしゃく]』を著し、『無門関[むもんかん]』を長慶寺で講じて『鑰説[やくせつ]』を撰述された。その他、大乗小乗の経典や論書、新訳旧訳の諸々の律典、密教や禅宗について、一年として講説されない年はなかった。尊者が何かの書物について講説されるときは、よくその要点をつかれて、時として細かなところは略して煩雑をさけられた。わかりやすいように語られた因縁譚や譬喩は、理に応じた納得のゆくものであった。それはまるで、「九方皐[きゅうほうこう]が馬の相を見たてる」ようなものである。このような尊者の教示によって、それを聞く者は気持ち朗らかとなって晴れ晴れとしたものとなり、疲れもどこかへ消えてしまうほどであった。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

4.語注

  • 仏事[ぶつじ]…経説、律蔵に基づいた僧侶としてなすべき諸々の行為。説法なども含める。現代言われるような先祖供養などを意味する仏事ではない。→本文に戻る
  • 塔肩[たっけん]の式…袈裟を如何に着けるべきかの規定。ただし、ここでは曹洞宗[そうとうしゅう]に伝わる、鎌倉時代に道元禅師が宋に渡った際に始めてその式を観て感激したというものは意味しない。それは極めて支那的で、ともすれば大げさで滑稽な作法である。律蔵には、袈裟を着ける際の「作法」などについての規定などない。あるのは袈裟の素材・色・形、あるいは収納などについての規定だけである。→本文に戻る
  • 経律紀伝[きょうりつきでん]…経典と律蔵、高僧伝や支那僧がインドに渡って留学した際に記録した、『西域記』や『仏国記』あるいは『寄帰伝』などの紀行書。それらは、インドではいかなる仏教のあり方をしていたかを知るのに、現在でも大変貴重な資料となっている。→本文に戻る
  • 諄諄誘掖[じゅんじゅんゆうえき]…繰り返し何度も教え諭し、力を貸して導くこと。→本文に戻る
  • 南山[なんざん]…紀州高野山を指す。比叡山を北嶺[ほくれい]と称するに対し、京都からみて南にあるためこう呼称された。→本文に戻る
  • 『南海寄帰内法伝解纜鈔[なんかいききないほうでんげらんしょう]』…『南海寄帰内法伝』の注釈書。『南海寄帰内法伝』とは、八世紀唐代の僧、義浄[ぎじょう]三蔵が著した、インドや南アジアに於ける仏教のあり方、僧侶の生活、修行法などについてを記した紀行書。義浄は支那から南海(ベトナム~ビルマ?)経由でインドに入っているため、当時の東南アジアの仏教事情についても記述している。『寄帰伝』の注釈書として日本初。→本文に戻る
  • 『表無表章[ひょうむひょうしょう]』…唐代の唯識の学匠、窺基[きき]が著した『大乗法苑義林鈔[だいじょうほうおんぎりんしょう]』所載の一章を別出した、主に法相宗[ほっそうしゅう]で重用された書。覚盛[かくじょう]が考案した自誓受戒の根拠としても用いられる。→本文に戻る
  • 『無門関[むもんかん]』南宋の無門慧開[えかい]が著した、禅宗で重用される入門書。支那で古来用いられていた公案のうち、四十八則についての解釈が記載されている。→本文に戻る
  • 「九方皐[きゅうほうこう]が馬の相を見たてる」…『列士[れっし]』にある故事。尊者の物事の本質を見抜いて、その要だけをとった優れた態度を形容して、この故事を用いたのである。
    秦の穆公[ぼくこう]が、名馬を見抜く名人とされた伯楽[はくらく]に、後継者を持つように言ったところ、自分には子供がなく後継者もいないが、知るものに九方皐[きゅうほうこう]という男があって、馬の見立てを自分並みに能くすると紹介する。そこで秦の穆公は、試しに九方皐に名馬を探してくるように命じる。はたして九方皐は、三ヶ月後に黄色い牝馬を見つけたと報告。ただちに穆公はその馬を取り寄せると、なんとそれは黒い雄馬であった。そこで穆公は九方皐をとんでもない節穴の持ち主と考えたが、伯楽はそう考えず、「さすが九方皐は見るべきところを見て、見る必要のないところは見ない、大変な目利きである」と驚嘆した。実際。その馬は大変な名馬だったのである。→本文に戻る

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

本文中16ページ中9ページ目を表示
序説凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。