真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『正法律興復大和上光尊者伝』(7)

本文中16ページ中7ページ目を表示
序説凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16

← 前の項を見る・次の項を見る 

・ トップページに戻る

1.原文

年二十七。移住高井田。蓋隨師命也。寺号長栄。又称西之坊。于是親證。覺法、覺賢。曁四方有志徒。不召而集座下。無檀施以供香積。日分衛以度居諸。辛苦艱窘。人所不能耐。處之裕如也。精修純一。彷彿有佛世之風。

年二十九。結三周界以寺為僧坊。明年親證登壇受具。所謂別受羯磨得也。蓋吾邦過海大師後。興正大悲已来。大抵通受自誓得也。雖間有唱別受者。或行或否。而又其式不一準。尊者有所拠創制規則。為後代標準。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

2.読み下し

年二十七。高井田に移住す。蓋し師命に隨うなり。寺を長栄[ちょうえい]と号し、また西之坊[にしのぼう]と称す。是于[ここに]親證[しんしょう]、覺法[かくほう]、覺賢[かくけん]、曁[およ]び四方有志の徒。召さずして座下集る。檀施[だんせ]*1 の以て香積[こうしゃく]供する無く、日に分衛*2 して以て居諸を度[わた]る。辛苦艱窘[しんくかんきん]*3 。人の耐ること能ざる所。之に處して裕如[ゆうじょ]なり。精修純一[しょうしゅ・じゅんいつ]。彷彿[ほうふつ]として佛世之風有り。

年二十九。三周界*4 を結し寺を以て僧坊と為[す]。明年親證登壇受具*5 。謂所別受羯磨得[べつじゅこんまんとく]*6 なり。蓋し吾邦[わがほう]過海大師[かかいだいし]*7 の後、興正[こうしょう]*8 大悲[だいひ]*9 已来、大抵通受自誓得[つうじゅじせいとく]*10 なり。間[まま]別受を唱る者有と雖[いえども]、或は行われ或は否。而して又其の式一準ならず。尊者拠る所有って規則を創制し、後代の標準と為[す]。

← 前の項を見る・次の項を見る 

・  目次へ戻る

3.現代語訳

尊者齢二十七のことである。(法楽寺から)高井田に移住された。まさしく師(忍綱貞紀和上)の命に随ったのである。寺の名は長栄寺[ちょうえいじ]といい、または西之坊と別称されている。ここに親證[しんしょう]、覺法[かくほう]、覺賢[かくけん]および各地の道心ある在家信者たちが、(尊者が)呼びかけたでもなくその元に集まってきた。(しかし長栄寺での生活は)檀那[だんな]からの布施があるわけでもなく、香を(仏前に)供えることも出来ない程で、(一日の糧を得るため)日々に分衛[ぶんえい]して町や村を巡ったのであった。その辛苦艱窘[しんくかんきん]な様は常人の耐えられるようなものではなかったが、(尊者をはじめとする諸師は)その様な状況下でも(さもしくなどはならず)おだやかでゆったりとしていたものである。精進して修行するさまは純一で、ありありと想像するのに、仏陀が御在世の当時もこのようであったろうと思うほどであった。

尊者齢二十九のことである。(律に乗っ取った生活を送るために不可欠な)三周界を結して、長栄寺をもって僧坊とした。明くる年、親證[しんしょう]が戒壇に登って具足戒を受けた。(その方法は)いわゆる別受羯磨得[べつじゅこんまとく]であった。おおよそ日本における授戒法は、過海大師鑑真[かかいだいし がんじん]以降(しばらくは正式で厳密な方法が続いたが平安期中頃で断絶し)、興正菩薩叡尊[こうしょうぼさつ えいそん]や大悲菩薩覚盛[だいひぼさつ かくじょう](が戒律復興を果たして)以来は大抵、通受自誓得[つうじゅじせいとく]であった。時として別受(という授戒本来の姿)を唱える者もあったが、それを実行する者もいれば(唱えるだけで)実行しない者もおり、さらにその規則・次第も定まったものではなかった。そこで尊者は、典拠となるべき(律蔵など)に基づいて、授戒法則を作り、後代の為にそれを標準としたのであった。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

4.語注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

本文中16ページ中7ページ目を表示
序説凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。