真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『正法律興復大和上光尊者伝』

本文中16ページ中5ページ目を表示
序説凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

年二十二。和上退法楽寺。命尊者嗣其席。尊者主法楽寺。雖在閙中。行学兼修。斯須匪懈。且修阿字観。因諏深趣於大輪律師。和上見之。語曰。汝雖秘密粗備。猶未窮源底在。我今授以鐵塔奥旨。即択日荘厳道場。授唯授一人妙訣。秘璽玉册。無所遺脱。所謂附法灌頂。西大正嫡者也。當此之時。顕密法門。靡不貫煉矣。

一日自慨歎曰。所貴于法者心也。心倘不明。萬法為徒設。喩諸積金不知用者。何異彼瓦礫。我将明吾心。乃以寺附法弟照林。脱躧萬縁。兀坐一室。誓究明心源。雖暑流金寒折膠。足不踰戸限。二閲寒燠。寝有所證入。然而不自許。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

2.読み下し

年二十二。和上法楽寺を退き、尊者に命じて其の席を嗣[つが]しむ。尊者法楽寺を主[おも]とる。閙[どう]中*1 に在と雖、行学兼修*2 し、斯須[しばらく]も懈[おこたら]ず。且つ阿字観*3 を修し、因[ちなむ]に深趣[じんしゅ]を大輪律師に諏[はか]る。和上之を見て、語して曰く。汝秘密粗[ほぼ]備ると雖[いえども]、猶[なお]未だ源底を窮[きゅう]してあらざること在り。我今授けるに鉄塔の奥旨[おうし]*4 を以[もって]せんと。即ち日を択[えら]び*5 道場を荘厳[しょうごん]し、唯授一人[ゆいじゅいちにん]*6 の妙訣[みょうけつ]を授く。秘璽玉冊[ひじぎょくさつ]。遺脱する所無し。所謂[いわゆる]附法灌頂*7 西大*8 正嫡*9 なる者なり。此の時に當って、顕密の法門、貫煉[かんれん]せざる靡[な]し。

一日自ら慨嘆[がいたん]して曰く。法に貴ぶ所の者は心なり。心倘[も]し明[あきらか]ならざれば、萬法[ばんぽう]徒設[とせつ]と為る。諸の金を積で用[ゆう]を知らざる者に喩う。何ぞ瓦礫[がれき]に異らん。我将[まさ]に吾が心を明[あきら]めんとすと。乃[すなわ]ち寺を以て法弟照林に附し、萬縁を脱躧[だっし]し、一室に兀坐[こつざ]*10 して、誓って心源*11 を究明す。暑[しょ]金を流し寒[かん]膠[にかわ]を折ると雖、足戸限[こげん]を踰[こ]えず、二[ふたた]び寒燠[かんいく]を閲[けみし]て*12 、寝[やや]證入する所有り。然れども而も自ら許さず。

← 前の項を見る・次の項を見る 

・  目次へ戻る

3.現代語訳

尊者齢二十二のことである。忍綱貞紀和上は法楽寺住職を退き、尊者に命じて住職を継がせたのであった。尊者は法楽寺の責任者となったのである。尊者は(住職としての職務に追われ)忙しない中にあるにも関わらず、修行と学問を兼ね行って一時としても怠ることがなかった。それに加えて阿字観[あじかん]を修して、親しくその難解な方法を大輪[だいりん]律師に尋ねた。和上は尊者を見てこう語った。「君は深遠なる心の真相のおおよそを知るまでの境地に達しているが、しかし依然としてその奥底まで窮め尽くしてはいない。だから私は今、君にその術を授けるのに鉄塔の奥旨[おうし]をもってしよう」と。そして(大輪和上は)吉日をえらび、道場を荘厳し、唯授一人[ゆいじゅいちにん]の妙訣を(慈雲尊者に)授けられたのである。(その伝授では)秘璽玉冊、あますところないものであった。(その最後に行われた灌頂は)いわゆる附法灌頂[ふほうかんぢょう]であり、これによって(慈雲尊者は)西大寺流の正統なる継承者となったのである。このときをもって尊者は、顕教と密教の両方の教えを網羅したことになったのであった。

あるとき、尊者は自ら憂い嘆いてこう言われた。「仏教において大切にするところのものは心である。心がもし明らかにされることがないのであれば、全ての仏の教えは無駄に説かれたものとなるであろう。例えばこれは、黄金を(その価値を知らずに)積んでおくだけでその使い方を知らないような者に喩えられる。そうであるならば(それがたとえ黄金だとしても、その価値を知らないのであれば)瓦礫に異ならないではないか。(仏教を、この譬えのように私にとって無価値なものとせぬように)私は今こそ我が心を明らかにするのだ」と。(このように考えた尊者は)さっそく法楽寺住職位を弟弟子である照林[しょうりん]に譲り、あらゆる日常の雑事を遠ざけ、一室に兀坐[こつざ]して、心源を究明するとの決意をしたのである。暑さが金を溶けて流れるほどであろうと、寒さが膠[にかわ]を折るほどのものであろうとも、尊者は部屋から出て座禅をやめようと言うことはなかった。(そのような日々を過ごしているうち、尊者はいつの間にか)二度寒い冬を越え、なんらか得るところのものがあった。しかし、だとしても尊者はそれで満足することはなかったのである。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

4.語注

  • 閙中[どうちゅう]…さわがしい、との意。ここでは「せわしない」、とした方が良か。→本文に戻る
  • 行学兼修[ぎょうがくけんしゅ]…修行と学問、そのどちらかにも偏ることなく併せ行うこと。→本文に戻る
  • 阿字観[あじかん]…真言密教の冥想法の一。阿字は、サンスクリットのanutpāda[アヌトパーダ]の頭文字。anutpādaは、漢語で本不生[ほんぷしょう]と訳されるが、これはあらゆるモノには実体が無いことの別の表現であり、空[くう]と同義である。このようなことから、仏教とくに密教では、阿字の一文字をもって真理の象徴とする。
    また密教では、この阿字を、空なる真理の具象としての仏である、大日如来を表すとする。阿字観は、蓮華の上に満月輪を描き、その月輪の中に梵字の「阿」字を書いたものを本尊とする冥想法。阿字は大日如来または空なる真理を、蓮華の上の月輪は自身の心の真相を、それぞれ象徴しているという。現在しばしば、阿字観とは在家者でも行いやすく達しやすい冥想法と説明されることがある。しかし、それは形の上だけのことであって、実際は非常に難解な冥想法であり、到底行いやすく達しやすいなどと言えない。そのような説明を加えている者は、これには世間で「阿字観の権威」と言われている人ですらその中に含まれているが、彼らは冥想しているとはいえ、ただその気になっているだけの、虚妄の世界に遊ぶ蒙昧の人と言える。→本文に戻る
  • 鉄塔の奥旨[おうし]…密教の奥義の意。真言密教の根本経典の一である『金剛頂経』では、南インドの白鉄塔[びゃくてっとう]の中、つまり大理石の塔の中にて、密教が金剛薩埵より龍猛に、すなわちはじめて人に授けられたと説かれている。→本文に戻る
  • 日を択び…密教を伝授するときは経典の説に従って吉日をえらばなければならない。→本文に戻る
  • 唯授一人[ゆいじゅいちにん]…ただ一人の優秀な弟子に、師が持てるもの全てを授けること。またはそれほど重大なる秘法。仏教では本来「教師の握拳」、いわゆる秘密などは存在しない。真理は万人に対して開かれたものであり、仏陀の教えもしかり。
    が、密教の場合、それが弟子の能力如何で、危険な神秘主義に走ることもあるため、伝法にあたっては、弟子に高い能力が要求される。と、言っても、日本密教の場合は、平安中期から密教の大安売りが行われているため、たとえばチベット密教のそれとは大きく異なって、そして経説に背いて、愚劣愚鈍な無資格者でも誰彼なく伝法されてきた。それは今も同様で、やはり、これがために密教が誤解される種となっている。しばしば、「万人にその教えを開示せず、秘密秘密と隠しているのがけしからん。万人に開示するべきである」あるいは「秘密にしておく価値などないから、むしろ秘密にしているのだろう」、などという者があるが、それは烏と鶏の区別も出来ぬごときの、鈍根の人に多い。→本文に戻る
  • 附法灌頂[ふほうかんぢょう]…具支灌頂、伝法灌頂に同じ。→本文に戻る
  • 西大[さいだい]…西大寺流の略。鎌倉期初頭、南都西大寺を本拠として戒律復興運動を展開した叡尊[えいそん]律師を祖とする、真言密教の事相の一流派→本文に戻る
  • 正嫡[しょうちゃく]…正統の継承者。→本文に戻る
  • 兀坐[こつざ]…じっと座ること。→本文に戻る
  • 心源[しんげん]…心の源底。心の真の姿。→本文に戻る
  • 寒燠[かんいく]を閲[けみ]して…燠は炭火のこと。「寒燠を閲する」とは、冬を過ごすの意。ここでは、二年間冥想に打ち込んだとの意。→本文に戻る

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

本文中16ページ中5ページ目を表示
序説凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。