真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『正法律興復大和上光尊者伝』

本文中16ページ中3ページ目を表示
序説凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

時父已没。母氏即以尊者。乞和上為弟子。時年甫十三也。尊者雖剃染。固非其志。然性至孝。従母命耳。

明年秋。和上授以如意輪法。至受道場観。汗流淋漓。嘆曰。豈料佛道如此甚深。如此広大矣。丞作書母曰。今日方知出家徳。又是悲母之鴻恩矣。従時厥後。激励勤修。寝食殆廃。和上喜曰。有弟子如是。我復何憂矣。即授悉曇章。習学梵字。

年十八。和上命俾伊藤長胤氏学文字。意謂苟無学術。不足作法将以伏外道。尊者蒙命趨抵京師。学属文辞。僅数月。藻思濬発。縦横順逆。意所欲言。筆亦隨之。先生大加賞称。

未期年。聞和上有病。帰侍医薬。迨病瘳。脇不沽席数十日。人咸感其至孝矣。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

2.読み下し

時に父已に没す。母氏即ち尊者を以て和上に乞て弟子となす。時に年甫[はじめ]て十三なり。尊者剃染[ていぜん]*1 すと雖も、固[もと]より其の志に非ず。然れども性[しょう]至孝[しこう]*2 。母の命に従う耳[のみ]。

明年秋。和上授るに如意輪法[にょいりんぼう]*3 を以[もって]す。道場観*4 を受るに至って汗流れて淋漓[りんり]*5 。歎じて曰く。豈[あに]料[はから]んや佛道此の如く甚深[じんじん]。此の如く広大ならんとは。丞かに書を作って母に謝[しゃ]して曰く。今日[こんにち]方[まさ]に出家の徳を知る。亦是れ母の鴻恩[こうおん]*6 なり。時[これ]従[より]厥[そ]の後[のち]。激励[げきれい]勤修[ごんしゅ]。寝食殆んど廃す。和上喜[よろこん]で曰[いう]。弟子有ること是[かく]の如し。我復[また]何をか憂[うれい]んと。即[すなわち]悉曇章[しったんしょう]*7 を授けて、梵字*8 を習学せしむ。

年十八。和上命じて伊藤長胤[いとう・ながたね]*9 氏に従って文字を学ば俾[し]む。意[こころ]謂う、苟[いやしく]も学術無れば、法将[ほうしょう]と作って以て外道[げどう]*10 を伏するに足らずと。尊者命を蒙[こうむ]り趨[はし]って京師に抵[あた]り、文辞を属[しょく]することを学ぶ。僅かに数月。藻思濬発[そうし・しゅんほつ]。縦横順逆[じゅうおう・じゅんぎゃく]。意[い]の言[いわ]んと欲する所、筆亦之に隨う。先生大[おおい]に賞称[しょうしょう]を加う。

期年ならざるに、和上病[やまい]有りと聞て、帰って医薬に侍す。病[やまい]瘳[いえ]るに迨[およぶ]まで、脇席を沽[こ]さざること数十日。人咸[みな]其の至孝に感ず。

← 前の項を見る・次の項を見る 

・  目次へ戻る

3.現代語訳

父安範がすでに亡くなったある時、尊者の母は、尊者を貞紀和上に頼んで仏弟子とした。その齢十三のことである。しかし、尊者は神をそり落としたとは言っても、本心から仏道を志していたのではなかったのである。さりながら尊者の性格は至孝であったので、ただ母の意志に従ったまでのことであった。

明年秋のことである。貞紀和上は慈雲尊者に密教を教授するのに、(その初歩の冥想法となる)如意輪法[にょいりんぼう]を行わせた。(如意輪法を修するなか)道場観[どうじょうかん]を行うに至って、(全身から)汗が流れて落ちて滝のようとなった。(今まで仏教を信ずることもなく、むしろ憎みさえしていた尊者は)感嘆して言われたのである。「どうして知り得ただろうか!仏道がこれほどまで底知れぬほど深く、これほどまで広大(な教え)であったとは!」と。そして(母に)手紙を書いて、母への感謝の気持ちを、このように綴ったのである。「今日、私は、まさに出家修行の徳を知ることが出来ました。これは(図らずも私を出家させてくださった)母上の鴻恩[こうおん]であります」と。この出来事以降、尊者は、意を決して修行につとめ励むこと、寝食をもほとんど忘れてしまうほどであった。(この尊者の姿をみた)貞紀和上は喜んで言ったものである。「私の弟子には慈雲のような者がある。私は一体何を憂いる必要があるというのだろうか!」と。その後、貞紀和上は尊者に(梵字を学ぶための基礎テキストとなる)『悉曇章[しったんしょう]』を授け、梵字を習い学ばせたのだった。

尊者齢18のことである。貞紀和上は尊者に命じ、(京都の大儒者で当代随一の)伊藤長胤[いとうながたね]のもとで学問させることとなった。貞紀和上が意図されるところは、「かりそめにも世間一般の学問がなければ、仏の教えでもって人々を教導する僧侶 となって、外道と対論し、屈させるには至らないであろう。(ゆえに仏教だけではなく、世間的な素養として儒学なども修得しなければならない。)」というものだった。尊者は貞紀和上の命によってただちに京都におもむき、文辞の要訣を学んだのである。わずか数ヶ月の就学によって、尊者は藻思濬発、縦横順逆、自らが言わんとするところがあれば、筆は自在に動いてこれを表すまでに至ったのである。伊藤先生はこれを大いに誉め称えたのであった。

しかし、(当初予定していた修学の)期年がいまだ満たない内に、貞紀和上が病床に就いたとの知らせがあったため、尊者は法楽寺に帰って和上の看病にあたったのである。貞紀和上の病が癒えるまで、その病床の脇から離れずにいること数十日間。人々は皆、尊者の至孝に感動したものである。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

4.語注

  • 剃染[ていぜん]…髪を剃って衣を染めること。出家の意。→本文に戻る
  • 至孝[しこう]…この上ないほどに孝行なこと。父と母に対する孝の思いがすこぶる強いこと。→本文に戻る
  • 如意輪法[にょいりんぼう]…真言密教の基本的修行階梯である四度加行[しどけぎょう]の第一段階となる、基本的な密教の冥想修道法。この修道法に十八の過程があることから、十八道[じゅうはちどう]ともいわれる。本来は、密教を授けられるにあたって灌頂[かんじょう]という儀式に臨み、その中で目隠しをした状態で曼荼羅に向かって華を投げ、華が落ちた場所の尊格を、冥想の本尊にする。しかし、密教の流派によっては本尊を最初から特定している。尊者が受けたのは、三宝院流憲深方[さんぽういんりゅうけんじんかた]による加行であり、それは如意輪観音[にょいりんかんのん]を本尊とした十八道で、特に「如意輪法」との呼称がある。→本文に戻る
  • 道場観[どうじょうかん]密教の冥想の中で、真理の象徴としての本尊を招きよせるために、阿毘達磨[あびだるま]に伝わる仏教の世界観に基づく、荘厳された道場を観想すること。止観でいえば、止の冥想の一種。→本文に戻る
  • 淋漓[りんり]…汗などがしたたり出るさま。→本文に戻る
  • 鴻恩[こうおん]…大きな恩。→本文に戻る
  • 『悉曇章』[しったんしょう]…サンスクリットを表記するための文字の一つである悉曇[しったん]が、その発音毎に整理されている典籍。弘法大師空海が初めて日本に請来した。→本文に戻る
  • 梵字[ぼんじ]…インド古来の神聖言語であるサンスクリットを表記するための文字。数種類あるが、日本に伝わったのは悉曇。現在のインドではデーヴァナーガリーという文字が使われているが、それよりずっと時代の古い文字。→本文に戻る
  • 伊藤長胤[いとうながたね]…当時随一の儒学者。伊藤東涯[いとうとうがい]とも。京の大儒学者伊藤仁斎[いとうじんさい]の子。日本で盛んに行われた朱子学や陽明学などの後代の、ともすると経書の原意から離れた儒学ではなく、余計な解釈を排した、いわゆる古学を行った。福沢諭吉の父も、彼の熱心な弟子であった。→本文に戻る
  • 外道[げどう]…文字通り「外の道」。ここでは仏教以外の思想・宗教を指す。江戸中期当時、仏教は、国学や朱子学の隆盛にともなって、神道や儒教から盛んに非難攻撃される対象でもあった。→本文に戻る

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

本文中16ページ中3ページ目を表示
序説凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。