真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『正法律興復大和上光尊者伝』

本文中16ページ中15ページ目を表示
序説凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16

← 前の項を見る・次の項を見る 

・ トップページに戻る

1.原文

年八十七。仲秋覚體不佳。迫緇白之請。就毉于京師。在気力耗減之際。尚惓惓法門。未嘗少懈。至策励学徒。斥邪衛正。則辞義壮励。凛凛乎不可犯。聞者自摂伏。毎誡学徒曰。大丈夫児出家入道。須具佛知見。持佛戒。服佛服。行佛行。躋佛位。切莫傚末世人師所行。須飲淳粋醍醐。莫歠雑水腐乳。此尊者終身所履践。故亦是以誨人也。

平生持律厳峻。行業高潔。望之威容可畏。乃即之。温和若陽春。人咸悦服。尊者広額豊頥。鬚眉雪白。望見之者。不問而知其為有道士。乃聞尊者示滅也。近遠知興不知。哀慟号泣。不翅喪其考妣。尊者之道。浹洽於人者。蓋可知矣。所度弟子数百人。至問道受戒。就弟子列者。殆萬有余人受菩薩戒。及伝印明者。又不知其数也。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

2.読み下し

年八十七。仲秋[ちゅうじゅう]*1 體[からだ]の佳[よし]ならずを覚え緇白[しびゃく]*2 の請に迫って、毉[い]に京師に就く。気力耗減の際に在って、尚法門に惓惓[けんけん]*3 として、未だ嘗て少も懈[おこた]らず。学徒を策励し、邪を斥け正を衛[まも]るに至っては、則ち辞儀壮励、凛凛[りんりん]*4 として犯すべからず。聞く者自ら摂伏[しょうぶく]す。

毎[ごと]に学徒を誡[いましめ]て曰く、大丈夫児*5 出家入道す。須[すべからく]く佛知見を具し、佛戒を持[たも]ち、佛服を服し、佛行を行じ、佛位に躋[のぼ]るべし。切に末世人師[まっせにんじ]*6 の行う所に傚[なら]うこと莫[なか]れ。すべからく淳粋[じゅんすい]の醍醐[だいご]*7 を飲むべし。雑水の腐乳*8 を歠[すす]ること莫[なか]れ。此れ尊者終身履践する所。故に亦是を用て以て人に誨[おし]ゆなり。

平生持律厳峻[ごんしゅん]。行業高潔[ぎょうごうこうけつ]。之を望[のぞめ]ば威容[いよう]畏るべく、之に即に則ち、温和陽春の若[ごと]し。人咸[みな]悦服[えっぷく]す。尊者広額豊頥[こうがくぶい]。鬚眉雪白[しゅびせっぱく]。之を望み見る者、問わずして其の有道の士為[た]ることを知る。尊者の示滅を聞くに及んで、近遠知ると知らざると、哀慟号泣、翅[ただ]に其考妣[こうひ]*9 を喪するのみならず、尊者の道、人に浹洽[しょうこう]*10 する者、蓋し知るべし、所度の弟子数百人、道を問い戒を受て弟子の列に就く者に至っては、殆ど萬有余人。菩薩戒を受け、及び印明[いんみょう]*11 を伝る者、又其の数を知らず。

← 前の項を見る・次の項を見る 

・  目次へ戻る

3.現代語訳

尊者齢八十七のことである。仲秋[ちゅうじゅう]、(尊者は)体調の良くないことを感じ、僧俗の請いに迫られ、医者にかかるために京都に赴かれた。体力気力の耗減[こうげん]が見られるようになったというのに、(尊者は)なお佛法(を説くこと)に疲れ果て、いくらか怠るということなど、いまだ一度として無かったのである。(尊者が)学徒を策励[さくれい]し、悪をしりぞけて正しきを行うさまは、辞儀壮励、凛々[りんりん]として犯しがたい雰囲気があった。(尊者の説法を)聞く者は、おのずから摂伏[しょうぶく]するのであった。

ことあるごとに学徒を戒めてこう言われていた。「あなた達は大丈夫児[だいじょうぶご]として出家入道したのだ。(であるからには)仏陀の説かれた知見をそなえ、仏陀の説かれた戒律をたもち、仏陀が制定された袈裟を着し、仏陀の説かれた修行を行って、仏陀の境地に到らなければならない。決して末世の人師が(自分勝手な説をふるって)行うことを真似ることがあってはならない。ぜひとも純粋な醍醐[だいご]を飲むべきである。雑水の腐乳を飲むことがあってはならないのだ」と。この言葉は、尊者が終生実践されていたことである。であるから(私、明堂諦濡も)、またこの言葉をもって人に仏法を説いているのである。

(尊者は)常日ごろ戒律を保つこと峻厳であり、その行業[ぎょうごう]は高潔であった。尊者のお姿を見れば、その威容は素晴らしく、またその温和さは春の太陽の様であった。人々は皆、(そんな尊者に)喜びを以て深く帰依したのである。尊者(の容貌)は、広い額に立派な顎をもち、鬚[ひげ]と眉[まゆ]は雪のように白かった。そんな尊者のお姿を見る者は、誰かに聞くこともなく道を得た立派な修行者であることを知るのである。尊者が示滅されたことを聞いた際は、近隣にある者も遠くにある者も、尊者を直接知る者も(ただその噂を知るだけで)直接知らぬ者も、哀慟号泣[あいどうごうきゅう]し、ただその両親の死に比すべき尊者の死を喪すだけではなかった。尊者の教えにふれ親しんだ者は、まさしく知るべきである、得度させた出家の弟子は数百人。教えを請い、五戒・十善戒を受けて在家の弟子となった者については、ほとんど一万人を超えている。さらに菩薩戒を受け、ならびに密教の印明[いんみょう]を授かった者は、その数が知られない程である。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

4.語注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

本文中16ページ中15ページ目を表示
序説凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。