真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『正法律興復大和上光尊者伝』

本文中16ページ中13ページ目を表示
序説凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16

← 前の項を見る・次の項を見る 

・ トップページに戻る

1.原文

年八十。尊者春秋既高。気力稍衰。不勝接応之労。退遷河之高貴寺。寺在石川葛城嶺之西。乃高祖大師聞三宝鳥之所。而×後鳥羽天王嘗一臨幸焉。尊者相其地。幽邃闃寂。真修道之良場也。遂聞公庭。築壇結界。為十方僧刹。定作正法律一派本山。

尊者又痛近世語神道者。妄為浅陋鄙媟之説。大傷国之遺風。住山之暇。留意神書。所謂三紀亡論。兼釆諸家之紀録。旁考先哲之遺書。普会衆説。捨短拾長。遂成一家神道。伝之門人及有志士。言神道玄妙。興吾密教。相為表裏。学密之徒。可閣而不学耶。宜矣。伝教弘法弘教之大士。竭力于此也。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

2.読み下し

年八十。尊者春秋[しゅんじゅう]*1 既に高く、気力稍[やや]衰え、接応の労に勝[かち]へず。退て河之高貴寺[かわの・こうきじ]に遷[うつ]る。寺は石川葛城嶺*2 の西に在り、乃ち高祖大師三宝鳥[さんぼうのとり]を聞くの処*3 にして、後鳥羽天王嘗て一び臨幸し玉う。尊者其の地、幽邃闃寂[ゆうすい げきじゃく]*4 、真に修道の良場なるを相てなり。遂に公庭*5 に聞して、*6 を築き*7 を結し、十方僧刹[じっぽう・そうせつ]*8 と為し、定んで正法律*9 一派本山と作す。

尊者又近世神道を語る者、妄に浅陋鄙媟[せんろう・ひせつ]*10 の説を為して、大に国の遺風を傷[いためる]を痛み、住山の暇[いとま]、意[こころ]を神書に留む。所謂三紀*11 は論亡[な]し。兼て諸家の紀録を釆[と]り、旁[かたわら]く先哲の遺書を考え、普く衆説を会[え]し、短を捨て長を拾い、遂に一家の神道を成し、之を門人及び有志の士に伝う。謂く神道玄妙[しんとう・げんみょう]*12 。吾が密教と表裏を相為す。学密の徒、閣[かく]て学ばざるや。宜[よろしき]なり。伝教弘法弘教の大士。力を此に竭[つく]すことなり。

← 前の項を見る・次の項を見る 

・  目次へ戻る

3.現代語訳

尊者齢八十のことである。尊者もすでにご高齢に達し、気力体力もいくから衰えて、(訪ねてくる人々を)応接する疲れに耐え得なくなっていた。(そこで尊者は、京都阿弥陀寺を退いて)河内高貴寺に移られたのだった。高貴寺は金剛山の西に位置し、そこは弘法大師空海が三宝鳥の声を聞かれ(一句読まれた)土地であり、後鳥羽天皇がかつて臨幸された場所でもある。尊者はその地を、奥深くひっそりとして、まことに修行の道場としてこの上ない場所であると見込まれのたのであった。そして、江戸幕府に許可を求め、戒壇を築いて結界。十方僧刹[じっぽうそうせつ]とし、ここ高貴寺をもって正法律一派本山としたのである。

尊者はまた、近頃、神道を語る者の中に、むやみやたらと浅はかな俗悪説を主張し、非常に日本国の遺風(である神道の名)を汚す者があることを嘆かれていた。(そこで尊者は)高貴寺にて閑居する時間を使って、精力的に神道関連の書籍に向かったのである。いわゆる三紀は言うまでもなく、兼ねて様々な学者の歴史書を読み、さらには先人の残した書物を検討し、ひろく所説を合わせて、短所を捨て長所を採ったのである。そして遂に、根拠確かな体系立てられた神道を作り上げ、これを門人や有志の人々に伝えられたのであった。言うならばその神道の奥義は深く繊細であり、我が密教と表裏一体となるものであった。密教を学ぶものであるならば、どうして学ばないなどと言うことがあるだろうか。まことに素晴らしいことである。(このようなことは)伝教大師最澄や弘法大師空海など密教を日本に伝え弘めた偉大な先師も、力を入れてなされたことなのだ。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

4.語注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

本文中16ページ中13ページ目を表示
序説凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。