真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ Dhamma Guṇā [帰依法]

序説パリッタと儀礼 |  凡例発音について
Vandanā |  Saraṇataya |  Pañca sīla |  Aṭṭhaṅga sīla
Buddha guṇā |  Dhamma guṇā |  Saṅgha guṇā
Paritta Parikamma |  Maṅgala sutta  |  Ratana sutta |  Metta sutta |  Khandha sutta
Mora sutta |  Vaṭṭa sutta |  Dhajagga sutta |  Āṭānāṭiya sutta |  Aṅgulimāla sutta
Bojjhaṅga sutta |  Pubbaṇha sutta
Anekajāti gāthā |  Paṭiccasamuppāda |  Udāna gāthā |  Paccayuddesa
Dhammakāya gāthā |  Metta bhāvanā |  Asubha bhāvanā |  Patthanā
Himavanta gāthā |  Lakkhaṇattayaṃ |  Ovāda |  Patti dāna |  Ratanattaya pūjā

・ トップページに戻る

1.Dhamma Guṇā

法の六徳

パーリ語原文
Svākkhāto Bhagavatā Dhammo, sandiṭṭhiko,
akāliko, ehipassiko, opaneyyiko,
paccataṃ veditabbo viññūhi.

カナ読み
スワーカートー バガヴァター ダンモー,サンディッティコー,
アカーリコー,エーヒパッシコー,オーパネッイコー,
パッチャタム ヴェーディタッボー ヴィンニューヒ.

日本語訳
法は、世尊によって善く説かれたものであり、自ら確かめられるもの、
時を経ずして(果をもたらす)もの、「来たれ見よ」(と言われる)もの、
(涅槃へと)導くもの、おのおの賢者によって知られるべきものである。

日本語訳:沙門 覺應

帰依法

パーリ語原文
Ye ca Dhammā atītā ca, ye ca Dhammā anāgatā,
Paccuppannā ca ye Dhammā, aham vandāmi sabbadā.
N'atthi me saraṇaṃ aññaṃ, Dhammo me saraṇaṃ varaṃ,
Etena saccavajjena, hotu me jayamaṅgalaṃ.
Uttamaṅgena vande'haṃ, Dhammañca tividhaṃ varaṃ,
Dhamme yo khalito doso, Dhammo khamatu taṃ mama.

カナ読み
イェー チャ ダンマー アティター チャ,イェ- チャ ダンマー アナーガター,
パッチュッパンナー チャ イェー ダンマー,アハン ヴァンダーミ サッバダー.
ナッティ メー サラナン アンニャム,ダンモー メー サラナン ヴァラム.
エーテーナ サッチャワァッジェーナ,ホートゥ メー ジャヤマンガラム.
ウッタマンゲーナ ヴァンデーハン,ダンマンチャ ティウィダム ワラム.
ダンメー ヨー カリトー ドーソー,ダンモー カマトゥ タム ママ.

日本語訳
かの過去世の法、かの未来世の法、
そして、かの現在世の法すべてを、私は敬礼いたします。
私には、他に帰依処などなく、法こそが、私の尊い帰依処。
この真実の告白によって、私に勝利をもたらす吉祥あれ。
私は、尊い三種(の教え)に、最上の礼拝をいたします。
法について、私になにか過失や罪があったならば、法よ、どうか許したまえ。

日本語訳:沙門 覺應

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “仏陀の教え”へ戻る

2.解題

この世で正しく、また安楽に生きるための灯火

Dhamma Guṇā[ダンマ グナー]とは、「法の徳」の意で、法の勝れた点を六つ挙げ連ねた文言です。Dhamma(法)とは、宗教・正義・道徳・法律・モノの本質・教えなど多くの意味を持つ言葉ですが、ここでは「(仏陀の)教え」を意味するものです。

仏陀の教えは何故、神々や人々が帰依するに値し、この世に勝れたものと言えるのか。その勝れた由縁を端的に六つの点を挙げて示したのが、この文言です。

法の六徳
No. パーリ語 日本語訳
1 Svākkhāto (世尊によって)善く説かれたもの
2 Sandiṭṭhiko 自ら確かめられるもの
3 Akāliko 時を経ずして(果をもたらす)もの
4 Ehipassiko 「来たれ見よ」(と言われる)もの
5 Opaneyyiko (涅槃へと)導くもの
6 Paccataṃ veditabbo viññūhi おのおの賢者によって知られるべきもの

仏陀の教えは、ただ信じて伏し拝めば良い、というものではありません。また、何も考えず、「仏陀様」の言われたとおりにしていれば良い、というものでもありません。それは、法の徳として挙げられているとおり、自分が「なるほど真実である」と確かめられるものであり、そうすることでこそ、その真の価値を知ることが出来るものです。

もっとも、言うは易く行うは難し。これを真実であると確かめるのは、容易なことではありません。

他を導き、己を救うもの

仏教を信仰する。仏の教えを信じる。

始めのうちは、なんだかよくわからないがアリガタイ、でも良いでしょう。地域的に、あるいは先祖代々、仏教を信仰しているから、いわばその惰性で自分も仏教を信仰している、というのでも良いでしょう。自分の信頼している人、尊敬している人が、仏教はすばらしい教えである、と言っているから自分も信じている、というのもまた良いでしょう。

何らかの形で仏教に縁があったからこそ、宿縁があったからこそ、そのようでいられるのですが、ただ、それで留まってしまっては、せっかく仏教に触れ得た甲斐がないというものです。ただなんとなく信じていることに、「全く意味など無い」ということはありません。が、それだけでは宝の持ち腐れというものです。

ブッダによって説き示された法、サンガによって、またサンガを支えた多くの人々によって伝えられた法は、それぞれ信仰する人、個人個人によって、その真理であることを確かめられ、目の当たりに見るもの。自分自身の足で涅槃へと近づくための、勝れた道標、地図です。

とは言え、仏教を信仰したそのときから、たちまち人生が薔薇色になった、あらゆる困苦に打ち勝てるようになった、様々な問題が次々と解決していった、たちどころに病気が治った、今までどうしてもわからなかったあんなことやこんなことがすっかり明らかになった、などということはありません。そう思い込むことは可能でしょう。もしやすると、そのようなことが一部あったという人があるかもしれませんが、それが仏教を信仰したことによるかどうかは、ほとんど誰もわからないことです。

日本人は、「同じ人間じゃないか」・「人は皆同じ」という言を好み、そう信じているようで、これは一面真実です。しかし、反面、人は皆全く異なっています。それぞれが別々の境遇に生まれ育って、相異なる能力・運をもち、それには優劣や強弱などがあり、また各々違う立場に生きており、人は一様ではありません。

ある人は、これは現実には、まったく限られた人のみ実現可能のこととなってしまうかもしれませんが、上の文言通りに、それほどの時間をかけずして「目の当たり法を見」、まさしく「時を経ずして果をもたらすもの」であると実感しえるでしょう。ある人は、仏教を信仰し実践することによって、(他人からすれば実にツマラナイ事で)今までクヨクヨと悩んでいたことを、悩まなくなる程度のことかもしれません。そしてそれを、仏教の功徳だ、などと大袈裟に喜ぶ人もいるでしょう。しかし、ある人はまるでこれを実感できないかもしれません。むしろ、仏教を信仰したことによって、さらに理屈っぽくクドくなってしまい、他人からすれば実に迷惑千万、というような人もあるでしょう。

しかし、人がどう生まれたか、どのような境涯において、どのような生来的能力を持って生まれたかは、もはやいかんともし難いことですから、あれこれ悩んでも仕方がないことです。この場合、他人は他人、自分は自分で、比較しても仕様がありません。また、自分がいまだ実現にいたっていないことを、やたらと人に押しつけようとしてはいけません。

遭い難き仏陀の教えと、この苦しくも魅惑的な世界と

人がもし、ブッダの教えに触れえる(恵まれた)機会を得、何らか得るところ、感じるところがあったならば、(これが大変重要な点なのですが)虚心坦懐にこれを受け入れ、「自ら確かめる」べく、まず今の自分が出来る範囲で最大限努力したら良いでしょう。その目的地がどれだけ近く、短い道のりであっても、まず一歩を自分の足で踏み出し、それを重ねていかねば、誰もそこに到達することは不可能です。そして、そこに至るのに、誰かが運転して自分を運んでくれる便利な乗り物など、この世はもとよりどこの世界にも存在していません。

世界には、あまりに魅力的な、甘く、人を酔わせるものが多く、そして人はむしろこの故に苦悶して、それに気づかずあくまでこれを求め続ける。人間というもの、いや自分というものは様々な矛盾に満ちあふれて、この足で歩くことも苦しく、歩かないことも苦しく、人生に山あり谷あり、生きることは実に苦しいものです。

この苦しみ多き、悩ましきこと多い人生を、いかに善くそして平安に生きるかを、ブッダは様々な術によって説き示され、サンガ(僧伽)によって伝えられてきました。それが法、仏の教えです。

それは、自らこれを学び知るに値するもの、よく苦しみから離れさせるもの。自らを救う、掛け替えのないものです。

非人沙門覺應 敬識
(horakuji@gmail.com)

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “仏陀の教え”へ戻る

序説パリッタと儀礼 |  凡例発音について
Vandanā |  Saraṇataya |  Pañca sīla |  Aṭṭhaṅga sīla
Buddha guṇā |  Dhamma guṇā |  Saṅgha guṇā
Paritta Parikamma |  Maṅgala sutta  |  Ratana sutta |  Metta sutta |  Khandha sutta
Mora sutta |  Vaṭṭa sutta |  Dhajagga sutta |  Āṭānāṭiya sutta |  Aṅgulimāla sutta
Bojjhaṅga sutta |  Pubbaṇha sutta
Anekajāti gāthā |  Paṭiccasamuppāda |  Udāna gāthā |  Paccayuddesa
Dhammakāya gāthā |  Metta bhāvanā |  Asubha bhāvanā |  Patthanā
Himavanta gāthā |  Lakkhaṇattayaṃ |  Ovāda |  Patti dāna |  Ratanattaya pūjā

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。