真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ Buddha Guṇā [帰依仏]

序説パリッタと儀礼 |  凡例発音について
Vandanā |  Saraṇataya |  Pañca sīla |  Aṭṭhaṅga sīla
Buddha guṇā |  Dhamma guṇā |  Saṅgha guṇā
Paritta Parikamma |  Maṅgala sutta  |  Ratana sutta |  Metta sutta |  Khandha sutta
Mora sutta |  Vaṭṭa sutta |  Dhajagga sutta |  Āṭānāṭiya sutta |  Aṅgulimāla sutta
Bojjhaṅga sutta |  Pubbaṇha sutta
Anekajāti gāthā |  Paṭiccasamuppāda |  Udāna gāthā |  Paccayuddesa
Dhammakāya gāthā |  Metta bhāvanā |  Asubha bhāvanā |  Patthanā
Himavanta gāthā |  Lakkhaṇattayaṃ |  Ovāda |  Patti dāna |  Ratanattaya pūjā

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.Buddha Guṇā

仏陀の九徳(仏十号・如来十号)

パーリ語原文
Itipi so Bhagavā Arahaṃ Sammāsambuddho
Vijjācaraṇasampanno Sugato Lokavidū
Anuttaro purisadamma-sārathi
Satthā devamanussānaṃ Buddho Bhagavā.

カナ読み
イティピ ソー バガヴァー アラハン サンマーサムブッドー
ヴィッジャーチャラナサムパンノー スガトー ローカウィドゥー
アヌッタロー プリサダンマサーラティ
サッター デーワマヌッサーナム ブッドー バガヴァー

日本語訳
かの婆伽梵[ばがぼん]は、応供であり、正遍知であり、
明行足であり、善逝であり、世間解であり、
無上士であり、調御丈夫であり、
天人師であり、仏陀であり、世尊である。

日本語訳:沙門 覺應

帰依仏

パーリ語原文
Ye ca Buddhā atītā ca, ye ca Buddhā anāgatā,
Paccuppannā ca ye Buddhā, aham vandāmi sabbadā.
N'atthi me saraṇaṃ aññaṃ, Buddho me saraṇaṃ varaṃ.
Etena saccavajjena, hotu me jayamaṅgalaṃ.
Uttamaṅgena vande'haṃ, pādapaṃsuṃ var'uttamaṃ,
Buddhe yo khalito doso, Buddho khamatu taṃ mama.

カナ読み
イェー チャ ブッダー アティーター チャ,イェ- チャ ブッダー アナーガター,
パッチュッパンナー チャ イェー ブッダー,アハン ヴァンダーミ サッバダー.
ナッティ メー サラナン アンニャム,ブッドー メー サラナン ヴァラン.
エーテーナ サッチャヴァッジェーナ,ホートゥ メー ジャヤマンガラン.
ウッタマンゲーナ ヴァンデーハン,パーダパンスム ワルッタマム.
ブッデー ヨー カリトー ドーソー,ブッドー カマトゥ タム ママ.

日本語訳
かの過去世の仏陀達、かの未来世の仏陀達、
そして、かの現在世の仏陀達すべてを、私は敬礼いたします。
私には、他に帰依処などなく、仏陀こそが、私の尊い帰依処。
この真実の告白によって、私に勝利をもたらす吉祥あれ。
私は、(自分の額を仏陀の)御足の尊い塵につけ、最上の礼拝をいたします。
仏陀について、私になにか過失や罪があったならば、仏陀よ、どうか許したまえ。

日本語訳:沙門 覺應

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “仏陀の教え”へ戻る

2.解題

讃仏の偈文

Buddha Guṇā[ブッダ グナー]とは、「仏陀の徳」の意で、文字通り仏陀の徳を挙げ連ねて讃えた文言です。ブッダ・グナーにて挙げられる仏陀の諸徳は、上座部では世尊を除外して九徳とし、漢語仏教圏においては、仏十号あるいは如来十号といわれ、仏陀の十の異称として挙げられるものです。

ではその十とは何か。

仏陀の九徳(仏十号)
No. パーリ語 漢語 日本語訳
1 Arahaṃ
アラハン
応供
阿羅漢
供養するに値する者
敵(煩悩)を倒した者
2 Sammāsambuddha
サンマーサムブッダ
正遍知
正等覚
完全な悟りを得た者
3 Vijjācaraṇasampanna
ヴィッジャーチャラナサムパンナ
明行足 智と行とを備えた者
4 Sugata
スガタ
善逝 (涅槃に)善く逝きし者
5 Lokavidū
ローカヴィドゥ
世間解 世界を知る智者
6 Anuttara
アヌッタラ
無上士 この上ない者
7 Purisadamma-sārathi
プリサダンマ サーラティ
調御丈夫 導くべきを能く導く御者
8 Satthā devamanussānaṃ
サッター デーヴァマヌッサーナム
天人師 神々と人々との師
9 Buddha
ブッダ
仏陀 目覚めた者
10 Bhagavā
バガヴァー
世尊
婆伽梵
尊い者
幸ある者

もっとも、一般に仏十号という場合は、仏陀と世尊を「仏世尊」と合わせて一つとし、Tathāgata[タターガタ](如来)を足したものを言います。

帰敬偈ならびに三帰依した後に、この仏陀の九徳(十徳)を挙げて讃えるのです。つづく文言は、別して特に仏陀に帰依することを述べ、何か自身に過失があるならばその許しを求めるものです。ここでその対象とされているのは、特に釈迦牟尼仏陀に限ったものではなく、過去・未来・現在という三世の仏陀すべてに対するものです。

三世の仏陀

巷には、「上座部は釈迦牟尼仏陀(釈尊)以外の仏陀を認めていない。釈尊だけを礼拝し、信仰するものである」などと認識し、発言する人があるようです。しかし、実際はその様なことはなく、釈尊を含めて七人、あるいは二十八人の過去の諸仏を奉って礼拝することがあり、そのためのパリッタ、その意を述べるパリッタも多くあります。実際、いずれか過去仏のものとして祀られるストゥーパはインド以来、現在の南方にも少なくありません。また、未来仏としての弥勒仏を奉り、礼拝することもあります。

いずれにせよ、上座部では、釈尊以外の仏陀の存在など認めないなどということはありません。しかし、この宇宙、この時代、この世界の教主は釈尊であり、現実にその教えが残されているのは直接にしろ間接にしろ釈尊のものに限られているので、主として信仰されるのは釈尊であることは違いありません。また、この点、三世だけではなく「十方世界」の諸仏を説く大乗でも同じことが言え、釈尊をこそ本師として篤く敬った僧は、過去に多く存在しています。

釈尊以前に現れた仏陀によっては、教えを説かれても、律(戒律)が説かれることが無かったために、その仏陀滅後にはたちまちその教えが滅びてしまった、と仏典(律蔵)に記されています。残念ながら、およそ二千五百年の昔に釈尊はご入滅されており、今そのお姿をこの目にすることは出来ず、またその教えを直接耳にすることは叶いません。しかし、幸いなことに、釈尊は法(教え)だけではなく律も共に説かれたために、未だ我々はその教えに触れることが出来ます。

法を見る者は、私を見る

Alaṃ, vakkali, kiṃ te iminā pūtikāyena diṭṭhena. Yo kho, vakkali, dhammaṃ passati so maṃ passati; yo maṃ passati so dhammaṃ passati.

ヴァッカリよ、この汚れて悪臭を放つ(我が身体)を見ることが何であろうか?ヴァッカリよ、法を見る者は、私を見る。私を見る者は、法を見る。

Samyutta Nikāya, Khandhavagga, Vakkali sutta.
[日本語訳:沙門 覺應]

釈尊は、「法を見る者は私を見る。私を見る者は、法を見る」とのお言葉を残されています。

もし仮に、今仏陀がこの世に存命されており、かたじけなくもそのご尊容を拝することが出来たとしても、人にとってはそれが尊く得難いことだと感じられたとしても、ただ見ただけ、拝するだけであるなるば、仏陀ご自身からすれば意味のないことであるといいます。

(また他方では、仏陀のお姿を一目見、その心に信仰を起こすこともまた、得難く尊いとする経説もあります。仏陀の教えは、その対象となる人の能力・時にふさわしいものが説かれた、対機説法といわれるものす。ゆえに、場合によってはある経典の一説をもって、仏陀の教えすべてに当てはめることなどできず、一事が万事ということにはなりません。)

仏陀は説かれました。人は、法を見ること、すなわちこの世の全ては常に移り変わりゆくもので、恒常普遍のモノなど何も存在せず、故に何ものも我が意のままにすることなど出来はせず、それは苦しみであって厭い離れるべきものである、ということを真に見た時、「仏陀」を目の当たりにすることが出来る、と。

三宝に帰依すること、それはそのための第一歩です。

非人沙門覺應 敬識
(horakuji@gmail.com)

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “仏陀の教え”へ戻る

序説パリッタと儀礼 |  凡例発音について
Vandanā |  Saraṇataya |  Pañca sīla |  Aṭṭhaṅga sīla
Buddha guṇā |  Dhamma guṇā |  Saṅgha guṇā
Paritta Parikamma |  Maṅgala sutta  |  Ratana sutta |  Metta sutta |  Khandha sutta
Mora sutta |  Vaṭṭa sutta |  Dhajagga sutta |  Āṭānāṭiya sutta |  Aṅgulimāla sutta
Bojjhaṅga sutta |  Pubbaṇha sutta
Anekajāti gāthā |  Paṭiccasamuppāda |  Udāna gāthā |  Paccayuddesa
Dhammakāya gāthā |  Metta bhāvanā |  Asubha bhāvanā |  Patthanā
Himavanta gāthā |  Lakkhaṇattayaṃ |  Ovāda |  Patti dāna |  Ratanattaya pūjā

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。