真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『仏垂般涅槃略説教誡経(仏遺教経)』

訓読文を表示
解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10
原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.訓読文 全文

仏垂般涅槃略説教誡経 仏遺教経

姚秦三藏法師 鳩摩羅什 訳

 論釈大科。分為七分。一序分

釋迦牟尼仏、初め法輪を転じて、阿若憍陳如を度し、最後の説法に須跋陀羅を度し玉う。

度すべき所の者、皆な已に度し訖って、娑羅双樹の間に於いて、まさに涅槃に入んとす。是の時中夜、寂然として聲無し。諸の弟子の為に略して法要を説き玉う。

  二修習世間功徳分。分為七初誡邪業

汝等比丘、我が滅後に於いて、まさに波羅提木叉を尊重し珍敬すべし。闇に明に遇い、貧人の宝を得るが如し。當に知るべし、此れは則ち是れ汝等が大師なり。若し我れ世に住すれども此れに異なること無けん。

浄戒を持つ者は、販売貿易し、田宅を安置し、人民・奴婢・畜生を畜養することを得ざれ。一切の種植、及び諸の財宝、皆なまさに遠離すること火坑を避けるが如くすべし。草木を斬伐し、土を墾し、地を掘り、湯薬を合和し、吉凶を占相し、星宿を仰観し、盈虚を推歩し、暦数算計することを得ざれ。皆な応ぜざる所なり。

身を節し、時に食して、清浄に自活せよ。世事に参預し、使命を通致し、呪術し、仙薬し、好みを貴人に結び親厚媟慢することを得ず。皆な作に応ぜず。まさに自ら端心正念にして度を求むべし。瑕疵を包蔵し、異を顕し、衆を惑わすことを得ざれ。

四供養に於いて、量を知り足ることを知って、趣に供事を得て、蓄積すべからず。此れ則ち略して持戒の相を説く。

戒は是れ正順解脱の本なり。故に波羅提木叉と名づく。此の戒に依り由って、諸の禅定、及び滅苦の智慧を生ずることを得。是の故に比丘、まさに浄戒を持って、毀缺せしめること勿るべし。

若し人、能く浄戒を持てば、是れ則ち能く善法あり。若し浄戒無ければ、諸の善功徳は皆、生ずることを得ず。是を以てまさに知るべし。戒は第一安穏功徳の所住処たることを。

  二誡根心

汝等比丘、已に能く戒に住す。まさに五根を制して、放逸して五欲に入らしめること勿るべし。譬えば牧牛の人の杖を執て之れに視しめて、縱逸して人の苗稼を犯さしめざるが如し。

若し五根を縱にすれば、唯だ五欲のみに非ず。まさに崖畔無くして制すべからず也。また悪馬の轡を以て制せざれば、まさに人を牽いて坑陷に墜さしめんとするが如し。

劫害を被むるも、苦一世に止まる。五根の賊禍は、殃い累世に及ぶ。害を為すこと甚だ重し。慎まずにはあるべからず。

是の故に智者は、制して而も隨わず。之れを持すること賊の如くにして、縱逸ならしめず。仮令、之れを縱にすれども皆また久しからずして、其の磨滅を見ん。

此の五根は、心を其の主と為す。是の故に汝等、まさに好く心を制すべし。心の畏るべきこと毒蛇・悪獣・怨賊・大火よりも甚だし。越逸なること未だ諭するに足らず也。

譬えば人あり、手に蜜器を執て、動転軽躁して但だ蜜のみを観て、深坑を見ざる如し。また狂象の鈎無く、猿猴の樹を得て騰躍跳躑して、禁制すべきこと難きが如し。

まさに急に之れを挫いて、放逸ならしむること無かるべし。此の心を縱にすれば、人の善事を喪う。之を一処に制すれば、事として弁ぜずということ無し。

是の故に比丘、まさに勤め精進して汝が心を析伏すべし。

  三誡多求

汝等比丘、諸の飲食を受けること、まさに薬を服するが如くすべし。好に於いても悪に於いても、増減を生ずること勿れ。趣に得て身を支して、以て飢渇を除け。

蜂の花を採るに、但だ其の味のみを取って、色香を損ぜざるが如し。比丘もまた爾なり。

人の供養を受けて、趣に自ら悩を除け。多く求めて、其の善心を壊ることを得ること無かれ。譬えば智者の、牛力の堪うる所の多少を籌量して、分を過ごして以て其の力を竭さしめざるが如し。

 四誡睡眠

汝等比丘、昼は則ち勤心に善法を修習して、時を失せしむること無かれ。初夜にも後夜にも、また廃することあること勿れ。中夜に誦経して、以て自ら消息せよ。睡眠の因縁を以て、一生空しく過して、所得無らしむること無かれ。

まさに無常の火の諸の世間を焼くことを念じて、早く自度を求むべし。睡眠すること勿れ。諸の煩悩の賊、常に伺って人を殺すこと、怨家よりも甚だし。安んぞ睡眠して、自ら驚寤せざる。

煩悩の毒蛇、睡って汝が心に在り。譬えば黒蚖の、汝が室に在て睡るが如し。まさに持戒の鉤を以て、早く之れを屏除すべし。睡蛇既に出でなば、乃ち安眠すべし。出でざるに而も眠るは、是れ無慚の人なり。

慚恥の服は、諸の荘厳に於て最も第一と為す。慚は鉄鉤の如く、能く人の非法を制す。是の故に比丘、常にまさに慚恥すべし。暫くも替ることを得ること無かれ。若し慚恥を離れば、則ち諸の功徳を失う。

有愧の人は、則ち善法あり。若し無愧の者は、諸の禽獣と相異なること無し。

  五誡瞋恚

汝等比丘、若し人あり来たって節節に支解するも、まさに自ら心を摂めて、瞋恨せしむること無かるべし。

またまさに口を護って悪言を出すこと勿るべし。若し恚心を縱にすれば、則ち自ら道を妨げ、功徳の利を失す。忍の徳たること、持戒苦行も及ぶこと能わざる所なり。能く忍を行ずる者は、乃ち名づけて有力の大人と為すべし。

若し其れ悪罵の毒を、歓喜し忍受して甘露を飲むが如くすること能わざれば、入道智慧の人と名づけず。所以者何、瞋恚の害は則ち諸の善法を破り、好名聞を壊ぶる。今世後世、人見んことを喜わず。

まさに知るべし、瞋心は猛火よりも甚し。常にまさに防護して、入ることを得せしむること勿るべし。

功徳を劫る賊は、瞋恚に過ぎたるは無し。白衣は受欲、非行道の人なり。法として自ら制すること無きすら、瞋なお恕むべし。出家行道、無欲の人にして而も瞋恚を懐くは甚だ不可なり。譬えば青冷の雲の中に、霹靂火を起こすは所応に非ざるが如し。

  六誡憍慢

汝等比丘、まさに自ら頭を摩づべし。以て飾好を捨て、壊色の衣を著し、応器を執持して、乞を以て自活す。自ら見るに是の如し。若し憍慢起こらば、まさに疾く之を滅すべし。

憍慢を増長するは、尚お世俗白衣の宜き所に非ず。何に況や出家入道の人、解脱の為の故に自ら其の身を降して而も乞を行ずるをや。

  七誡諂曲

汝等比丘、諂曲の心は道と相違す。是の故にまさに宜しく其の心を質直にすべし。

まさに知るべし、諂曲は但だ欺誑を為すことを。入道の人は則ち是の処無し。是の故に汝等、まさに宜しく端心にして質直を以て本と為すべし。

  三成就出世間大人功徳分八初少欲功徳

汝等比丘、まさに知るべし、多欲の人は多く利を求むるが故に苦悩もまた多し。少欲の人は求め無く欲無ければ、則ち此の患い無し。直爾少欲すら尚おまさに修習すべし。何に況や少欲の能く諸の功徳を生ずるをや。

少欲の人は、則ち諂曲して以て人の意を求めること無し。また諸根の為に牽かれず。少欲を行ずる者は心則ち坦然として、憂畏する所無し。事に触れて余りあり。常に足らざること無し。少欲ある者は、則ち涅槃あり。是を少欲と名づく。

  二知足功徳

汝等比丘、若し諸の苦悩を脱せんと欲せば、まさに知足を観ずべし。知足の法は即ち是れ富楽安穏の処なり。知足の人は地上に臥すと雖も、なお安楽とす。不知足の者は天堂に処すると雖も、また意に称わず。不知足の者は富むと雖も、而も貧しし。

知足の人は貧ししと雖も、而も富めり。不知足の者は常に五欲の為に牽かれて、知足の者の為に憐愍せらる。是を知足と名づく。

 三遠離功徳

汝等比丘、寂静・無為・安楽を求めんと欲せば、まさに憒閙を離れて独処閒居すべし。静處の人は帝釋・諸天共に敬重する所なり。是の故にまさに己衆・他衆を捨てて空閒に独処して、苦の本を滅せんことを思うべし。

若し衆を楽う者は、則ち衆悩を受く。譬えば大樹の衆鳥、之に集まれば則ち枯折の患いあるが如し。

世間の縛著は衆苦に没す。譬えば老象の泥に溺れて、自ら出ること能わざるが如し。是を遠離と名づく。

  四精進功徳

汝等比丘、若し勤め精進するときは、則ち事として難き者の無し。是の故に汝等、まさに勤め精進すべし。譬えば少水も常に流るるときは則ち能く石を穿つが如し。

若し行者の心、数数懈廢すれば、譬えば火を鑽るに未だ熱からずして而も息めば、火を得んと欲すと雖も火得べきこと難きが如し。是を精進と名づく。

  五不忘念功徳

汝等比丘、善知識を求め、善護助を求めることは、不忘念に如くは無し。若し不忘念ある者は、諸の煩悩の賊、則ち入ること能わず。是の故に汝等、常にまさに念を摂めて心に在くべし。

若し念を失する者は、則ち諸の功徳を失う。若し念力堅強なれば、五欲の賊中に入ると雖も、為に害せられず。譬えば鎧を著て陣に入れば、則ち畏るる所無きが如し。是を不忘念と名づく。

  六禅定功徳

汝等比丘、若し心を摂むる者は、心則ち定に在り。心定に在るが故に、能く世間生滅の法相を知る。是の故に汝等、常にまさに精進して諸の定を修習すべし。

若し定を得る者は、心則ち散ぜず。譬えば水を惜しむの家は、善く隄塘を治するが如し。行者もまた爾なり。智慧の水の為の故に、善く禅定を修め漏失せざらしむ。是を名づけて定と為す。

 七智慧功徳

汝等比丘、若し智慧あれば則ち貪著無し。常に自ら省察して、失わることあらせしめず。是れ則ち我が法の中に於いて、能く解脱を得。若し爾らざる者は、既に道人に非ず。また白衣に非ず。名づくる所無し。

実智慧は、則ち是れ老病死海を度る堅牢の船なり。また是れ無明黒暗の大明燈なり。一切病者の良薬なり。煩悩の樹を伐るの利斧なり。

是の故に汝等、まさに聞思修の慧を以て而も自ら増益すべし。若し人智慧の照あれば、是れ肉眼なりと雖も而も是れ明見の人なり。是を智慧と名づく。

  八究竟功徳

汝等比丘、若し種種の戯論は其の心則ち乱る。また出家すと雖も、なお未だ脱することを得ず。

是の故に比丘、まさに急に乱心戯論を捨離すべし。若し汝、寂滅の楽を得んと欲わば、唯だまさに善く戯論の患を滅すべし。是を不戯論と名づく。

  四顕示畢竟甚深功徳分

汝等比丘、諸の功徳に於いて、常にまさに一心に諸の放逸を捨てること、怨賊を離るるが如くすべし。

大悲世尊、所説の利益は皆な已に究竟す。

汝等、但だまさに勤めて之を行ずべし。若しは山間、若しは空沢の中に於いても、若しは樹下・閒処・静室に於いても、所受の法を念じて忘失せしめること勿れ。常にまさに自ら勉め、精進して之を修すべし。

為すこと無くして空しく死せば、後に悔いあることを致さん。

我は良医の病を知って薬を説くが如し。服すと服せざるとは医の咎に非ず。また善く導く者の、人を善道に導くが如し。之を聞いて行かざるは、導く者の過に非ず。

  五顯示入證決定分

汝等、若し苦等の四諦に於いて、疑う所ある者は、疾く之を問うべし。疑いを懐いて決を求めざることを得ること無し。

爾の時世尊、是の如く三たび唱へ玉うに、人、問い上つる者の無し。所以者何、衆、疑い無きが故に。

時に阿㝹樓駄、衆の心を観察して、而も仏に白して言さく。

世尊、月は熱からしむべく、日は冷やかならしむべくといえども、仏の説き玉う四諦は異ならしむべからず。

仏の説き玉う苦諦は実に苦ななり。楽ならしむべからず。集は真に是れ因なり。更に異因無し。苦若し滅すれば、即ち是れ因滅す。因滅するが故に果滅す。滅苦の道は、実に是れ真道なり。更に余道無し。

世尊、是の諸の比丘、四諦の中に於いて決定して疑い無し。

  六分別未入上上證為断疑分

此の衆中に於いて、若し所作未だ弁ぜざる者は、仏の滅度を見て、まさに悲感あるべし。

若し初めて法に入ること有る者は、仏の所説を聞いて、即ち皆な得度す。譬えば夜電光を見て即ち道を見ることを得るが如し。

若し所作已に弁じて已に苦海を度る者は、但だ是の念を作さん。世尊の滅度、一えに何ぞ疾かなるやと。

阿㝹樓駄、此の語を説いて、衆中皆な悉く四聖諦の義を了達すと雖も、世尊、此の諸の大衆をして皆な堅固なることを得せしめんと欲して、大悲心を以て、また衆の為に説き玉う。

汝等比丘、悲悩を懐くこと勿れ。若し我れ世に住すること一劫するといえども、会う者はまたまさに滅すべし。会うて離れざること、終に得べからず。

自利利人の法、皆な具足す。若し我れ久しく住するといえども、更に所益無けん。

まさに度すべき者の、若しは天上・人間、皆な悉く已に度す。其の未だ度せざる者も、皆なまた已に得度の因縁を作す。

自今已後、我が諸の弟子、展転して之を行ぜば、則ち是れ如来の法身常に在して滅せざるなり。

是の故にまさに知るべし、世は皆な無常なり。会う者は必ず離るることあり。

憂悩を懐くこと勿れ。世相、是の如し。まさに勤め精進して早く解脱を求め、智慧の明を以て諸の癡闇を滅すべし。

世は実に危脆なり。牢強なる者の無し。我れ今、滅を得ること悪病を除くが如し。此れは是れまさに捨つべき罪悪の物、仮に名づけて身と為す。老病生死の大海に没在す。何ぞ智者あって、之を除滅すること怨賊を殺すが如くして、而も歓喜せざらんや。

  七離種種自性清浄無我分

汝等比丘、常にまさに一心に勤めて出道を求むべし。一切世間、動・不動の法は、皆な是れ敗壊不安の相なり。

汝等且く止みね。また語ことを得ること勿れ。時まさに過ぎなんと欲す。我れ滅度せんと欲す。是れ我が最後の教誨する所なり。

仏垂般涅槃略説教誡経 仏遺教経

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ “仏陀の教え”へ戻る

訓読文を表示
解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10
原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。